ぼっちで行く「弱虫ペダルRe:ROAD」鑑賞。総集編だからこその面白さが、そこにはある

yowapeda gr

実は「弱虫ペダルGR」を全て見ていません。前半だけ欠かさずチェックしたものの、インハイ3日目に入る前で一旦落ち着いてしまい、録画したまま積んでいました。

それなのに「弱虫ペダルRe:ROAD」を観に行った。しかもぼっちで観に行った。今回はそんな話をダラダラと進めてまいります。

スポンサーリンク

ぼっちで行く「弱虫ペダルRe:ROAD」鑑賞

ぼっちで行く「弱虫ペダルRe:ROAD」鑑賞。総集編だからこその面白さが、そこにはある

結論から言うと、「観に行って本当によかった」。心の底からそう思えた作品です。時間と金があればもう1回行きたいくらい。

基本的には総集編なんですが、なにせ2クール分のテレビアニメが90分に納められているため、最初から最後まで名場面のオンパレード。「最初からクライマックスだぜ!」のセリフがぴったりな作品であります。

その名場面の中でも特に盛り上がる場所では、今までのOP曲などがバックでかかるニクイ演出つき。シーンの感動+歌の力でこちらの涙腺を崩壊させようと何度も攻めてきました。脆い人は何度も涙するに違いない。

新規カットはそこそこあり、箱学メインでギャグ多め。劇場全体で笑いが起きるくらいの威力です。もちろん感動する場面も用意されてあり、思っていたよりも豪華な新規カットだなという印象。

ネタバレを回避すると書けるのはこれくらいまでですが、もし観に行く前の私のような…行くかどうか悩んでる方がいらっしゃるなら、そっと背中を押したくなる映画でした。アニメ2期を観て無くても十分楽しめる・盛り上がる・感動するので、オススメです。

ぼっちで映画

実は今回が初ぼっち映画だった私。人見知りを患う身としてはドッキドキの初出陣でした。

しかし、映画は始まってしまえば真っ暗。みんな静か。映画に集中するから回りも気になりません。なんだ、ぼっちでも全然怖くないぞ!!!

しいて言えば映画の上映が始まる前、終わった後のざわついてる劇場内でぼっちでいるのが気になったくらいでしょうか。まわりは女性グループが多いので、なかなかキャッキャザワザワしていました。

それでも上映前は映画の予告が映されているので、それを観てれば上映まであっという間。終わった後は早々に退出すれば無問題。ぼっち難易度としては低い方なので、ぼっち初心者さんにもオススメです。

ぼっちで行く「弱虫ペダルRe:ROAD」鑑賞。総集編だからこその面白さが、そこにはある
Photo bytohotheater

ちなみに早々に退出するためには、通路側の席を予約しておくと非常にスムーズであります。通路側だからといってスクリーンが見えづらいことはないですし、上映中は人通りもないため気が散ることもない。

なにより退出する時に、まだ残っているお客さんに「スミマセン、スミマセン」と言いながら道を作ってもらう作業が不要である!!

逆に上映が終わった後、余韻にひたりたい場合は通路側にいると道を譲らねばならないので不向き。その時はど真ん中の席を取るのがオススメです。

客層が幅広い

てっきり若い女性客ばかりだと思っていた「弱虫ペダルRe:ROAD」。しかし、いざ劇場についてみるといろんなお客さんがいらっしゃいました。

もちろんメイン客層は若い女性なんですが、他にもお母さんと小さい女の子や男の子の家族連れ。40代くらいのおばさん、30代くらいのOLさん。さらにサラリーマン男性2人組に40代くらいのおじさんなどなど。なんと客層の幅広いこと。

その中には私と同じように1人で観にきていらっしゃる方もおり、私だけがぼっちではなかったことに安堵したり勇気をもらったり。

ぼっちで行く「弱虫ペダルRe:ROAD」鑑賞。総集編だからこその面白さが、そこにはある

なにはともあれ「弱虫ペダル」は女性人気だけでなく、性別も年齢も関係無しに人気なんだなと実感した次第です。これで次回8月の劇場版「弱虫ペダル」も、恐れることなくぼっちで劇場に足を運べる\(^o^)/

その前に6月27日(土)公開の「劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~」、7月3日(金)公開の「劇場版総集編 前編ハイキュー!!”終わりと始まり”」が待ち構えているんですけどね。

2週連続で公開とか、このクソ忙しい時にやめれ…_(:3 」∠ )_

TVアニメ「弱虫ペダルRe:ROAD」公式サイト

『劇場版 弱虫ペダル』公式サイト 2015年8月28日(金)公開

スポンサーリンク