「血界戦線」レオのフィギュア化が一番の朗報だったワンフェス2016冬

odesssei

観て来ました「オデッセイ」。感想は…ネタバレを排除すると「おもしろかった」くらいしか言えないのですが、もうちょっと踏み込むとしたら「噂どおりの『ダッシュ村』だった」です。結構ノリノリ。思っていた以上にノリノリ。音楽もノリノリ。

映画のポスターや、キャッチコピーの”70億人が彼の還りを待っている。”を読むと深刻且つ感動系に見えますが、実際はそうでもありません。映画館だから大人しく観ていたけど、自宅でなら笑いまくっていたと思います。それくらい楽しいシーン多め。

映画『オデッセイ』オフィシャルサイト

ちなみに「オデッセイ」上映前の告知では気になる新作も発掘できまして、それがコチラ。

maner-short

「マネー・ショート」です。2007~2008年に起きたサブプライムローン問題~リーマンショックを予測したアウトロー達のお話。ナイスミドルなオジ様4人組による爽快・痛快劇が楽しめそう。当時の様子にも興味があるので、レディースデイを狙って観に行きたい作品であります。

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』公式サイト 3月4日(金)ウォール街を出し抜け!

ところで本日の話題はフィギュアです。先日開催されたフィギュアの祭典「ワンフェス」。ここでたくさんの展示・新発表が行われたおかげで、今日も元気に頭を抱えております。中でも個人的に一番朗報だったのがコチラ…

スポンサーリンク

アルターからレオがフィギュア化

「血界戦線」ってあんまりフィギュア化されておらず、あってもfigmaだったり、しかもクラウスさんとザップだけの寂しいラインナップでした。

しかし、ここに来てついに!レオが!!スケールフィギュア化!!!ありがとう、アルターさん、ありがとう。普段の服装ではなく、EDのドレスアップした姿を選んでくださったがまた憎い。スーツは至高。

できればこの調子で「血界戦線」フィギュアをシリーズ化していただき、ゆくゆくはスティーブンさんのフィギュア化もですね…ゼヒですね…_(:3 」∠ )_

その他気になったフィギュア

踊るミクさん

正しくはワンフェス前から発表されていたみたいですが、存在を知ったきっかけがワンフェスだったので一緒に載せてしまいます。このミクさん、見た目はねんどろいどなのに、話しかけると動きます。踊ります。カクカクしてるけど愛嬌があってかわいい。いつの間にかフィギュアは動けるように進化していたんですね…。

さすがにこれをすぐ商品化!とか、例えば「刀剣乱舞」の誰々で発売します!なんて話は出ないでしょうが、こういう新しい道もこれから有り得るのかーと思うと、楽しみでなりません。

スケール 五虎退くん

グッスマからは笑っちゃうくらいたくさんの「刀剣乱舞」フィギュアがお披露目されましたが、その中でも個人的に惹かれたのは五虎退くんでした。フワッフワの髪、華奢な体、5匹の虎まで忠実に再現されている。すんばらしい…。

髪といえば新たにフィギュア化が決まった物吉くんも、

髪が細かくハネてて立体再現が大変そうです。でもきっと、この子も原画そのまんまに立体化されるんだろうな…。原型師さんスゴイ。

おそ松さんはトレーディング箱買いがベスト?

バブリーな「おそ松さん」はフィギュア界にも続々と進出中です。以前からお目見えしていたこのトレーディングフィギュア以外に、figma、ねんどろいど、メガハウスからもトレーディングフィギュアが登場します。多過ぎです、カンベンして下さい/(^o^)\

とりあえずfigmaは妙にリアルなので見送るとして、問題はトレーディング2種とねんどろいどであります。お値段的には1体4000円クラスのねんどろいどを6体揃えるより、トレーディングどちらか一方を箱買いした方が断然安く済みそう。しかし、ねんどろいどのかわいさは格別だからな…。

トレーディングを選ぶにしても、グッスマとメガハウスのどちらを選ぶか。箱買いでいくらになるのか。出来はどうなの?などなど悩みは尽きません。「おそ松さん」め…_(:3 」∠ )_

おわり

その他女性向けフィギュアを一挙まとめて確認したいときは、こちらの

ワンダーフェスティバル2016[冬]<女性向け特集>

あみあみによるワンフェス女性向け特集が全写真を拝めて便利でした。

この中に期待していた「幕末Rock」デフォルメフィギュアの写真を発見するも、出来栄えはねんどろいど程では無いように見えて、ううむ…。「ダイヤのA」もデフォルメ化されているけど、やはりどこか引っかかって、ううむ…。

とはいえ、写真と実物では感じも変わるでしょうし、やっぱり会場へ行くべきだったか、ううむ…_(:3 」∠ )_

スポンサーリンク