”みんな違ってみんないい”を楽しみにしてます「刀剣乱舞」アニメ・舞台・ミュージカル

butai-touken-ticket

昨日は朝一で舞台「刀剣乱舞」の一般先着チケットに当然漏れて、その代わり舞台「黒バス」のライビュは何とか買えてホックホクになった後、TwitterでAnimeJapan2016の情報を逐一チェックしつつ、ネトゲ「FF11」では延々と最強の武器を作り続け(仲間の助けもあって無事完成しました。これから恩返しのターン)、「刀剣乱舞」は次のイベントに向けて全員のレベルを底上げしながら、京都桜日帰り旅行でどこに立ち寄るか旅行のスケジュールを組む。

これら全ての作業をPCの画面にズラーッと並べて同時並行していました。なんだこれ、仕事以上に忙しい。ウィンドウ出しまくりの、タブ増やしまくりで、23型ディスプレイ1台じゃとても収まりきりません。もっと大きいディスプレイが欲しい。なんならディスプレイを2台に増やしてデュアルしたい。そうすれば3D制作だって片方の画面で3D、もう片方の画面でテクスチャ用のPhotoshopを開いて…。

そうだ、これら作業に余裕で耐えるハイスペックなPCも欲しい…なんて事を考えるのですが、これら全てを金で解決するには札束2~30枚は必須。何は無くとも金であります。転職であります。働きたくないでござる…!とか言ってる場合ではありませんね。頑張ります(‘、3_ヽ)_

さて、勢いで書いた冒頭はこの辺にして本日のネタをば。主役はもちろんこの作品です。

スポンサーリンク

「刀剣乱舞」2本同時アニメ化決定

とにかく昨日は一日中この、「刀剣乱舞」アニメ化の件でニヤニヤしっぱなしでした。というか現在進行形でニヤニヤしてます。だってまさかアニメ化が2本同時だなんて、誰が想像できたのか…。

ゲームから始まりミュージカル、舞台化も決まり、この流れなら次はアニメ化だなって事はなんとなく予想していた事態です。事態ですが、蓋を開けてみたらまさかの2本同時アニメ化。

しかも明と暗?ほのぼのとシリアス?どちらも詳しい内容はまだわかりませんが、見た目からそう感じさせる、きっと全く異なる内容になるであろう2本同時アニメ化。

想像の斜め上過ぎて、嬉しくて、幸せいっぱいで\コロンビア/。そんなこんなで発表から現在にいたるまでニヤニヤしっぱなしです。とにかく生きよう。そして金だ、金を蓄えるのだ…。

今後のスケジュール

少しは落ち着いてこれからの「刀剣乱舞」を見つめなおしますと、

5月初旬 舞台「刀剣乱舞」
5月下旬 ミュージカル「刀剣乱舞」~阿津賀志山異聞~
|
|(夏は小休止?)
|
10月 第一幕TVアニメ「刀剣乱舞-花丸-」
|
|(また小休止?)
|
2017年 第二幕TVアニメ「刀剣乱舞(仮)」

舞台・ミュージカルの日程は前々から分かっていた事ですが、問題は第一幕TVアニメ「刀剣乱舞-花丸-」です。年内放送…だと…。10月に、2016年秋アニメとして放送が決定している…だと…。

アニメ化の発表ってだいたいまず

①アニメ化決定しました!(放送時期未定)
②201○年放送です!(だいたい1年後とか、詳細な時期は未定)
③○月から放送スタート!

こんな流れで、たまに①と②が一緒に発表される事はあっても一、二年後をさしていていて「それまで生きなきゃ…」と決意するのが毎回の恒例行事みたいになっていました。それなのに第一幕TVアニメ「刀剣乱舞-花丸-」は①②③まとめて同時発表。しかも今からたったの半年後に放送するときた。早い、早すぎる。まだ心の…っていうか貢ぐ金の準備が…。でも嬉しい。

そう、半年なのです。アニメ放送まであと半年しかないのです。これから舞台とミュージカルにキャッキャして、夏の間ちょっと落ち着いて…と言ってもゲーム内イベントが来たり、夏コミに向けて何かある可能性も捨て切れない。が、とりあえず現段階では夏は小休止。そして秋、10月に第一幕「花丸」が放送開始。その時はあっという間に訪れそうな予感。

そして年が明けたら第二幕も控えている。ただし、こちらは2017年のいつ放送かまではまだ未発表。年明けすぐとは限りません。ここでまた小休止を挟めるのでしょうか。「刀剣乱舞」、どうやらまだまだ当分控えられそうにありません。大騒ぎしながら追いかけ続けます。

タイトルデザインが全部違う

ゲーム・舞台・ミュージカル・アニメ、これで4つのメディアミックスが出揃った「刀剣乱舞」。これら全ての情報を簡潔にまとめたページを、ニトロプラスがネットにアップしてくださいました。リンクつきで分かりやすい。

「刀剣乱舞-ONLINE-」2本同時TVアニメ化決定!|ニトロプラス Nitroplus

そこには全タイトルを並べた画像もアップされており、

touken-anime-musical-butai

今さらですが舞台もミュージカルも、そして今回発表された2本のアニメも、全て本家ゲームのタイトルデザインとは異なっています。本家ゲームは丸っとしながらも力強い筆文字。ミュージカルは鍔のようなデザイン。舞台は達筆な筆。アニメ第一幕の「花丸」はかわいい。とにかくかわいい。そしてアニメ第二幕はシャープでスマート。

本家ゲームのデザインをそのまま引き継がないってことは、それぞれ「刀剣乱舞」であって「刀剣乱舞」じゃない。それぞれ違う本丸の、とある本丸話を描いている、描かれているんだと感じられて、そこが妙に嬉しかったりします。

自分の、もしくは自分が想像する審神者の本丸がユーザーの、妄想の数だけある。それをキープしながら”とある本丸”の様子を見せてくれる、こんなパターンもあるんですよと可能性を広げてくれると言いますか、設定を固めるのではなく広げてくれるんじゃ、妄想を捗らせてくれるんじゃ、ネタをたっぷりくれるんじゃないかと、期待でいっぱいです。

中にはツライ事も含まれているかもしれない。でも決してそれはイコール自分の本丸でもそう、ではない。でもやっぱりツラくて自分の本丸の誰それを泣きながらナデナデしては、刀剣男士達を困惑させたり、いきなり何すんだこいつ…とキモがられたり、逆に頭ポンポンされたい…。どう見てもダメな審神者です。

とにかく舞台もミュージカルもアニメ2本も、そして自分の本丸も脳内妄想本丸も、”みんな違ってみんないい”。そんな「刀剣乱舞」ワールドがこれからもどんどん広がっていくといいなーと思いながら、とりあえずKANEですね。KANE。貢ぐKANE。

グッズを買うにも、円盤を買い支えるにも、イベントへ参加するにも…何をするにもまずはKANE。殴れるくらいの札束を用意するのだ…。それにはまず働くのだ…。できればイベント参戦できるよう、有給がとりやすいホワイトな職場に就くのだ…(‘、3_ヽ)_

アニメ『刀剣乱舞-花丸-』 公式サイト

アニメ『刀剣乱舞』公式サイト-アニメーション制作ufotable-

舞台「刀剣乱舞」ライブビューイング決定

先行抽選も、先着プレミアも、一般チケットもダメだった舞台「刀剣乱舞」ですが、その後ライブビューイングのお知らせが無事でてきまして、希望の光はまだ消えていません。とある本丸の様子を拝むための、新たな抽選・一般チケット争奪戦が幕を上げる…。

すっかり「刀剣乱舞」まみれになってしまった今回のブログですが、明日は他にもいっぱい、めいっぱい発表されてとにかく生きる!!生きねば!!!!となったAnimeJapan2016の発表をまとめて、生きねばならない使命感を更に燃やしたいと思います_(:3」∠)_

スポンサーリンク