劇場版「進撃の巨人 後編」のパンフが梶さん、神谷さん、小野Dさん写真集になっとる…買おう…

劇場版「進撃の巨人 後編」の公開日まであと2週間。前編を劇場で見てから半年以上が過ぎましたが、ようやく、ようやく続きを体験できます。
ストーリーに関してはアニメも原作も見てる派なので、そこまで目新しいものはありません。しかし、劇場で見る映像・音響はなんと言ってもスケールが違う。そして何より、動く劇場4DXで「進撃」の世界を体感できるのです。これが楽しみで仕方が無い。自宅では絶対に体験できないアトラクション風の楽しさが、そこにはある…。

しかし4DXいはいくつか難点もありまして…

・揺れ物アトラクションが苦手な人はNG
・通常料金+4DX代1000円が必要
・そもそも4DXを備えている劇場が少ない

なかなか気軽に観に行ける代物ではありません。特に劇場が少ないのが大問題。それでも、全てクリアできる方にはオススメしたい4DX。楽しいよ…。立体起動で飛ぶ感覚が味わえるよ…。

ところで劇場版のお楽しみと言えば、こんなものが公式から発表されました。

スポンサーリンク

パンフレットが声優さん写真集に

黒を基調としたシンプルでかっこいいパンフレット。キャラクター絵がドーン!バーン!!と描かれていないところが、個人的に好感度MAXであります。買いたい。

して、この中身も一部公開されまして…

キャラクター絵がドーン!バーン!!ではなく、声優さんの撮り下ろし写真がドーン!ババーン!してました。これはホイホイ。声優さん好きホイホイ。

この写真以外にも撮り下ろしカット掲載。インタビューはボリューム満点だそうで、これは買わねばなるまい…。

舞台挨拶いっぱい

劇場版「進撃の巨人 後編」のパンフが梶さん、神谷さん、小野Dさん写真集になっとる…買おう…

同時に舞台挨拶のスケジュールも公開されました。公開日の6月27日、28日(土日)。そして翌週7月4日、5日(土日)に計13回も行われます。なんという多さ…。

特に初日の27日(土)は朝から夜の間に4回も舞台挨拶が予定されており、梶さん、石川さん、井上さん。そして荒木監督が新宿→日本橋→池袋→埼玉の順に劇場を巡る強行スケジュール。お、お忙しい…。

他にも7月4日(土)には神谷さん、小野Dさん、諌山先生、荒木監督による池袋・新宿舞台挨拶ツアーが決行。兵長&団長の舞台挨拶…大人組み大好きな私にはたまりません。

しかし、残念ながら自分が観に行く予定の4DX劇場は舞台挨拶ナシ/(^o^)\

前編のときは4DX劇場でも舞台挨拶が行われていたので、今回もあるだろう。当然やるだろうと思っていたのに無かった\(^o^)/

さすがに2回観に行く時間は取れないので、大人しく舞台挨拶は諦めます_(:3 」∠ )_

劇場版「進撃の巨人」後編~自由の翼~ 公開記念舞台挨拶決定! | TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト

「王様のブランチ」に下野さん出演

声優さんネタはまだまだ続く…。舞台挨拶にはお見えにならない下野さんですが、その代わりTBS「王様のブランチ」に出演決定であります。

休みが取れた土日は、朝からずーっと「王様のブランチ」をダラダラ見ながらゲームするのが日課な私に、なんという朗報。明日は休日出勤をお休みして、生で放送を見よう…。舞台挨拶に行けないくやしさも、これで晴らす事ができそうです。

この日の放送について調べたところ、肉グルメ特集には下野さんの他にも「ハンバーグ賢人」が登場予定でした。てことは、下野さんは「からあげ賢人」として肉グルメ特集の一部に登場されるのでしょうか。アツイからあげトークが聞けそうだ…。

ちなみに下野さんが出演予定の「グルメガイド」は、いつも11時前後からスタート。余裕を持って10時半くらいから待機してれば、見逃す事はありません。

「ハンバーグ賢人」さんの出演記事はコチラ
王様のブランチ「グルメコーナー」@TBSテレビ:大豆の気持ち。:So-netブログ

おわり

それにしても最近は本当に声優さんを見る機会が増えたなと思います。今回のパンフレットもアニメ映画なのに声優さんがドドーン!ですし、舞台挨拶も恐ろしい数。さらにはテレビ出演まである。

ネットが今ほど普及してなかった頃は、声優さんの写真を見る機会すらほとんど無かったのに…。見れてもプロフ写真くらいで、グラビア写真なんてまずありません。

それがいまや、雑誌にテレビにひっぱりダコ。CDだって出るわ出るわ。キャラソンだけでなく本人名義のCDもいっぱいです。素晴らしい時代だ…。

と言ってもまだまだテレビ出演は衛星放送どまりな部分が多く、地上波で見かける機会はそれほどありません。今後は地上波でも頻繁に姿を見かけるくらい、もっと声優人気が高まるんでしょうか。

先はまったくわかりませんが、何年経っても自分が変わらずオタクで声優さん好きであることだけは変わらない。これだけは自信を持って断言できる。一生オタクであり続け、オタクとして人生を終えることができたら、わが人生に悔いなしです_(:3 」∠ )_

スポンサーリンク