面白かったよ「シン・ゴジラ」

評判を聞きつけて急遽観に行った「シンゴジラ」。結果はとてもとても面白かったです。なぜなら我が地元が壊滅したから。

違う。そうじゃない。でも、なんですかね…。地元が、見知った景色が破壊されて行く様を見て、怖いと同時にあそこがww破壊されているwww我が家オワタwwww

と妙にツボってしまった自分もいました。地元近くの映画館で観たからか、自分だけでなく映画館全体がフフッ…て感じになってて、その空気がまたジワジワくる…。

それはあくまでも映画内の極々ワンシーンの話で、ここからマトモな映画全体を観て思った感想をまとめます_(:3」∠)_

スポンサーリンク

面白かったよ「シン・ゴジラ」

godzilla

昔々、子どもの頃に見た「ゴジラ」が現代に蘇ったかというと、そうではない。違う雰囲気を感じる。それは自分が大人になったから…ってだけではない気がします。

なんだろう…。昔の「ゴジラ」は怪獣すっげえええ!みたいなノリだったのに、今回の「シンゴジラ」はゴジラが本気で怖かった。そこまでグロイ見た目ってわけではないのに、凄み、迫力、恐ろしさが程よく混ざった、絶対に出会いたくない存在でした。

そんなゴジラがもちろん主役かというと、そうではありません。たぶん。ゴジラに立ち向かう人々が主役…だったと思う。人々というか政府でしょうか。

これがまぁとてもリアルに、現実的に描かれていて大人向けです。何か一つ決断するにも条例作らなきゃ動けないとか、国際圧力に苦しんだり、東京ばかり守り固めてるけど地方に来たらどうするんだよ…とか。

ただ倒して終わり!ではなく、倒した後の復興問題も視野に入れているなど、本当にリアルな現実問題が盛り込まれてて、いろいろ考えさせられます。

これら問題を吹き飛ばすくらいゴジラ氏のあばれっぷりも見ごたえバツグン。あと監督が庵野さんなので、随所随所に「エヴァ」らしさもアリ。「エヴァ」好きとしても、考えさせられる話好きとしても大満足。

怪獣映画や特撮はそこまで好きってほどではなかったけど、それでも2時間いっぱい最初から最後までずっとのめり込むほど強烈な、インパクトのある映画でした。観て良かった。

じゃあオススメかっつーと、感じ方は人それぞれなので誰もが見て楽しめるかはワカリマセン。なにせゴジラが本気で怖い。ゴジラよりは人が主役だと思う。その人たちは政治色がとても濃い。「エヴァ」っぽいのが逆に駄目な人もいるかもしれない…etc

誰でも100%面白いぜ!と保証できませんので、やっぱりオススメできない。でも自分は面白かった&大満足でした。ところでこれ、続編出るのかな…_(:3」∠)_

スポンサーリンク