薄桜鬼、アムネシア、ディアラバ…オトメイトがVitaで本気出す

先日Vitaが安くなるニュースが話題でしたが、ぶっちゃけ乙女ゲーはVitaに見当たらないしPSPでいいじゃんと思ってました。

思ってました…。

Photo bySergey Galyonkin

スポンサーリンク

薄桜鬼、アムネシア、ディアラバがVitaで発売決定

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ホワイト (PCH-2000ZA12)

オトメイトが一斉にVitaでの発売を発表。

12月19日に「薄桜鬼 鏡花録」「AMNESIA V Edition」「DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION」が一挙に発売されます。

薄桜鬼、アムネシア、ディアラバ…オトメイトがVitaで本気出す

※財布的な意味で

乙女ゲーは今後もPSPだろう…そう思っていた時期がアリマシタ。

オトメイトが真っ先にVitaに乗り出したワケですが、これはもしかするとうたプリAS続編もVitaになるんですかね…。

確かにVitaが安くなったことで、今まで以上にユーザーは増えそうです。きれいな画面でプレイできるのはうれしい限り。Vitaだからタッチ機能もついて、遊びの幅が広がりそうでもあります。

Vita…ここらが買い時なのか…。

PlayStation Vita

薄桜鬼 鏡花録

[browser-shot width=”400″ height=”200″ url=”http://www.otomate.jp/hakuoki/vita/#/top”]

お値段が安くてお得なVita版「薄桜鬼」。追加要素があるかどうかは、公式サイトに書かれてませんでした。

  • パッケージ版 2940円
  • ダウンロード版 2800円

薄桜鬼 鏡花録

AMNESIA V Edition

[browser-shot width=”400″ height=”200″ url=”http://www.otomate.jp/amnesia/vita/#/top”]

お値段が安くてお得なVita版「AMNESIA V Edition」。こちらも追加要素は不明。

アムネシア未プレイなので激しく欲しい…。

  • パッケージ版 2940円
  • ダウンロード版 2800円

AMNESIA V Edition

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION

[browser-shot width=”400″ height=”200″ url=”http://www.otomate.jp/dialover/vita/”]

なぜかディアラバだけお高い値段。そのワケはこちらのようです。

公式サイトには書かれてないけど、追加イベントがあるらしい…。確かにそれなら値段が高いのも納得…ですがVitaと同時購入したら大変な値段でござる。

  • 通常版 6090円
  • 限定版 8190円
  • ダウンロード版 5300円

DIABOLIK LOVERS LIMITED V EDITION

Vita本体にソフトがついたオトメイトスペシャルパック

[browser-shot width=”400″ height=”200″ url=”http://www.otomate.jp/special-pack/”]

なお、12月19日にオトメイトゲー3作が発売されるのと同時に、「PlayStationRVita オトメイトスペシャルパック」も発売です。

Vita本体+「薄桜鬼 鏡花録」「AMNESIA V Edition」のプロダクトコード付で22050円!Vita本体が19800円くらいだから、ソフト2本で2000円の計算に…。

ダウンロード版だとしても、「薄桜鬼 鏡花録」「AMNESIA V Edition」はそれぞれ2800円なので、ソフト1本分よりも安いんですね。ソニーもオトメイトも頑張ってるな…。

どちらも未プレイでVitaも持ってない人にとっては最高のパックじゃないでしょうか。さらに「AMNESIA V」のDVDまで付いてくる抜かりの無さ。

ただし、Vita本体はホワイトカラーのみ。ゲームソフトはプロダクトコードなので、パッケージ無しです。

PlayStation®Vita オトメイトスペシャルパック

Vitaまとめ

PSP…思い返せば発売されたのは2004年。来年で発売10周年になる古い携帯機でした。長らくお世話になったけれど、そろそろVitaに世代交代の時期がやってきたのでしょうか。

個人的には、オトメイト以外の乙女ゲーもVitaに移りだしたら本気出す。

スポンサーリンク