オトメイトパーティ2014が開催決定したので見てみたらチケット販売スケジュールが5つもある…

オトメイトパーティ2014が開催決定したので見てみたらチケット販売スケジュールが5つもある…

2014年も開催が決まった「オトメイトパーティ」。まだまだ公式サイトが出来上がったばかりで、出展タイトルは未定です。チケット販売スケジュールだけがドドンと掲載されているんですが…驚きの5段階仕様で、一般販売までの道のりが果てしなく遠い( ゚д゚ )

photo credit: Steve Corey via photopin cc

スポンサーリンク

オトメイトパーティ2014

[browser-shot width=”550″ url=”http://www.otomate.jp/event/party/”]

今年のオトメイトパーティは8月2日(土)、3日(日)の2日間。東京国際フォーラム ホールAで開催決定でございます。

国際フォーラム…有楽町駅からすぐの便利な場所ではありませんか。東京駅のお隣で、ぶっちゃけ山の手線使わなくても徒歩で行けちゃう近さ。ビッグサイトや幕張と比べるとかなり行きやすい印象です。

そんなオトメイトパーティ2014ですが、今のところ発表されたのはチケット販売スケジュールのみ。出展作品は近日公開予定だそうなので正座して待ちます。たぶん年内発売のオトメイトゲームが出るんでしょうが(^ν^)!!

チケット販売スケジュールのあゆみ

一般販売が解禁されるまでに4つの先行・抽選販売が設けられた今回のオトメイトパーティチケットスケジュール。遠い、一般販売がとても遠い。

第一の関門 薄桜鬼VISAカード

薄桜鬼VISAカード会員限定の最速選考抽選販売は5月10日(土)~18日(日)までの約1週間。これって結構すぐなんですが、今からカード申し込みして間に合うんだろうか…。カードって審査が入るからギリギリそうな予感です。

カードの年会費は無料なので、オトメイトイベントが気になる人は作っておいて損は無い…?自分は基本的に自宅待機組なので作りません。というかカードはいろいろ怖いイメージがあるので、可能な限り持ちたくない(^ν^;)薄桜鬼カードもよーーーく読んで見ると、”リボ払い”がどうのって書かれてるんだぜ…。

薄桜鬼VISAカード

第二の関門 専用JTB旅行プラン

旅行プラン!?

どうやら今年もオトメイトパーティに行くための旅行プランがJTBから登場するようです。詳細はまだ未発表。参考までに2013年版の旅行プランリンクをペタリ。

オトメイトパーティー 2013 | 宿泊プラン・ご案内

この2013プランのアドレスが「http://jtb-biz.jp/otomate2013/」だったので、試しに最後の「2013」を「2014」に入れ替えてみたら…ID・パスワードを要求されてしまった。どうやらページ自体は出来上がってそうだけど、非公開のようでござる。無念。

それにしても旅行代金が最安で3万3000円~って…なかなか恐ろしい値段だ…。交通費は含んでないんだぜ…コレ…。

第三の関門 オトメイトモバイル月額会員

[browser-shot width=”550″ url=”http://www.otomate.jp/mobile/”]

月額300円~400円で月額会員になれるオトメイトモバイル。これなら今からでも簡単に参戦できそうなので参戦難易度は低めか!?

ちなみにAndroid版が月額300円で、iOS版が400円。この100円の差は一体…。

オトメイトモバイル

第四の関門 B’sLOG&マガジン合同先行

限定グッズ付きのプレミアムチケットに応募できる「B’sLOG7月号&オトメイトマガジンVol.11合同先行プレミアムチケット抽選販売」。長ぇ!!

※このチケットに応募するには、B’s-LOG7月号(5月20日発売)またはオトメイトマガジンVol.11(5月31日発売)についてくるシリアルコードが必要となります。

byotomate

と書かれてあるので、どちらか一方を買えばOKのようです。てっきりどっちも買わないと応募できない鬼畜仕様かと思ったら、オトメイトさんやさしい…。

尚、プレミアムチケットの内容は価格未定。限定グッズ内容も未定。去年のS席チケット一般販売価格が7800円だったので、恐らくこれにプレミアム代がプラスされる…のではないでしょうか。

最後に一般販売

4つの関門を越えてやっとたどり着くのが一般販売。いちおう去年の様子を見ると、席が残っていれば当日販売もありえる模様。ただし、当日販売は500円ほどチケットが割高になってるので、そこだけ注意でしょうか。

数々の難関を越えてたどり着くオトメイトパーティ2014。果たして今年の出演キャストは、グッズ物販はいかなるものになるのか。そして何より気がかりなのがグッズ通販。今年もぜひよろしくお願い申し上げます_(:3」∠)_

オトメイトパーティ2014

スポンサーリンク