9月のオタク出費はガマンにガマンを重ねて1万1550円。果たしてガマンはよかったのか?

9月のオタク出費はガマンにガマンを重ねて1万1550円。果たしてガマンはよかったのか?

10月に入ってもう5日目。それなのにすっかり忘れていました、9月分のオタク出費をまとめることを…。慌てて計算した結果、9月のオタク出費はタイトルの通り1万1550円という結果に。

その内訳と、ガマンした数々の代物。ガマンにガマンを重ねた結果、どう思ったのか。本日はそんなオタクの、自分のお金事情にまつわる事をメインに進めてまいります。

photo credit: Odd-Eyed Black Cat via photopin (license)

スポンサーリンク

9月のオタク出費

散々ガマンしまくった9月のオタク出費。詳細はこのような結果でした。


■劇場版 進撃の巨人 後編4DX 1800円+1000円
■オトメディア 1300円

■ねんどろいど 及川徹 3300円+送料500円
■劇場版「ハイキュー!! 勝者と敗者」 1800円
■プリントキャラマイド「リボーン」 150円
■Shining All Star CD2 1300円

■映画館への交通費 400円

計11550円


1万円以内を死守できず…。それでも7月、8月に比べたら、オタク予算1万円に近づいています。これくらいのオーバーなら及第点…ってことにしたい。

ちなみに9月は本当にたくさんのモノをガマンしまして、どれくらいガマンしたのかと言いますと…

■劇場版「弱虫ペダル」
■「刀剣乱舞」イラスト&ノベルアンソロ
■「刀剣乱舞」4コマアンソロ
■「血界戦線」が描かれていた各種雑誌
■ねんどろいどこ~で ふんどし
■イベント「テニプリ文化祭」
■シャニストグッズ諸々

こんな感じです。他にも欲しいけどガマンするために気絶して忘れた品物もあったような…。

「刀剣乱舞」本に関しては、発売日に買わずとも良いのです。後日余裕がある時に手を出せば良いのです。ただ他の…今、この時しか手に入らない!観れない!系を断念するのは辛かった。特に劇場での「弱ペダ」、「テニプリ文化祭」は後からどんどん後悔の念が押し寄せてきます。

自分にとって「オタク」は生きる理由の一つなので、ガマンし過ぎると精神衛生上よくありません。できればもっと投資したい。しかし予算は1万円以上当てられない。要は金がない。無いなら稼ぐしかない。

やりたい仕事・お給料が少ない仕事

小さい頃からなりたいと思っていた職に就くことが出来た自分は、運が良いのかもしれません。しかし、その職は自分と同じくなりたくてなった、好きでやってる人が多い職のせいか、平均的にお給料が少ないのです。

残業代無し。年功序列はもちろん無い。実力や成果次第で昇給するのだろうと信じてたら、それも無いことを知った。詰んでる/(^o^)\

こーなったらもう、よりよいお給料目指して転職するしかありません。不安は募りますが、現状維持してても良い事はない。打開するには冒険あるのみ。頑張ろう自分(^q^)

みんくじ刀剣乱舞はどうしたか

9月のオタク出費はガマンにガマンを重ねて1万1550円。果たしてガマンはよかったのか?

ところで9月に買ったもの、ガマンしたものの中に「みんなのくじ 刀剣乱舞」が入っていない理由は、家族が代わりに買ってきてくれたからであります。仕送りやら何やらのお返しらしい。向こうだってお金ないのに、無茶しやがって…。

しかもA賞を当ててくるという強運つきです。頭があがりません。もったいなくて未だ箱から出せずにいる。

なんにせよ、改めて頑張ろうと決意した。転職は怖いけど、今後よりよい人生を築くためにも頑張らねばならぬと決意した。でもその前に、ちょっとだけニート月間を頂いて休むんだ…_(:3 」∠)_

スポンサーリンク