そうだ、石切神社と薬師寺へ刀剣を拝みにいこう(大阪城もあるよ)

oosaka-sinkansen-asa

連日大地震が発生している最中に申し訳ないのですが、予定通り先日、大阪・奈良へ日帰り旅行へ行ってきました。

正直今の段階で自分に何かできる事なんてほぼなんてありません。しいて言えばいつも以上に情報の取捨選択を気をつける。信用できる募金活動が始まったら、ソッと振り込む。

あとは関東も油断ならない状況ですので、改めて配布された黄色い防災本を読み直したり、防災グッズを確認するなど。自分にできることをやって、あとはいつも通りにしたいと思います。

というわけでここから先は平常運転。本日は大阪・奈良日帰り旅行の思い出を振り返りつつおおくりします。よく東京の電車や駅は迷宮だなんて言われますが、大阪・奈良の電車も駅も十分迷宮だった…(‘、3_ヽ)_

スポンサーリンク

大阪・奈良日帰り旅行~主に刀剣巡り~

fujisan

朝4時台起き。6時発の始発新幹線に飛び乗る。正直眠い。いつもより睡眠時間が少なくて眠い…ハズなんですが、こういう旅行時って妙にテンションが上がってなかなか仮眠できません。修学旅行生か。

結局ずっと窓から見える景色を眺めて、富士山あいかわらずデッカイなーとか。静岡はお茶畑がいっぱいだなーとか。京都ってほんと山に囲まれてるなー…なんてボケボケ考えてたら、2時間半なんてあっという間で、8時半くらいに大阪へ到着。ここから電車乗り換えで最初の目的地、石切神社へと向かいます。

ところで大阪環状線って山手線みたいにグルグル回り続けるだけの電車だと思っていたら、回り続ける”循環”以外に”関空行き””奈良行き””和歌山行き”などいろいろ派生があって、とっても初見殺しだなと思いました(‘、3_ヽ)_

大阪環状線のカオスぶりは山手線感覚で乗ると大変なことになるから気をつけろ – Togetterまとめ

石切神社

ishikiri-jinja

環状線に惑わされつつも、森ノ宮駅から中央線に乗り換えて新石切駅へ。ここから徒歩5~10分で石切神社着。

境内は既に多くの参拝者で賑わっておりました。しかし、時間がまだ9時半くらいだったせいか、審神者と思われる女性の姿は少なめ。石切丸・小狐丸が展示されている宝物館もそれほど混雑しておらず、1,2分並んだだけで二振りとご対面です。

撮影NGなため写真はナシ。遥々会いに来たよ…小狐丸…はやくウチの本丸にもおいで…などと念を飛ばしながら、遙か昔の物とは思えないほど光輝く二振りを必死に目に焼き付けます。

この二振り以外にもあと5~6振りくらいの刀や鏡、狛犬などが展示されており、見ごたえのある宝物館でした。これで入場無料ってスゴイ。

神社敷地内では定番のおみくじ、お守りだけでなく…

ishikiri-file

石切丸&小狐丸クリアファイルも販売されており、当然フラフラ釣られて購入しました。クリアファイル2枚セットで500円は安い。ただし、小狐丸はA5サイズで小さめ。

石切参道商店街

ishikiri-syoutengai

石切神社を堪能したら、お次は石切参道商店街を登って石切駅へ向かいます。道中、某有名店に立ち寄っておみやげを購入したり、うどんはまだ腹減ってないから断念したり、

ishikiri-daibutu

坂の途中に大仏様を発見したり、石切参道商店街の坂道が思いのほか急勾配でゼェハァ言いながら必死に登ったり。だいたい徒歩で10~15分くらいの間ずっと坂道を登り続けて、ようやく石切駅へ到着です。ゼェハァ。

ここから次の目的地、薬師寺へと向かいます。

大和西大寺で迷子

薬師寺へは石切駅から電車だいたい30分ほどの距離…のハズだったんですが、途中の乗り換え駅 大和西大寺駅で迷子スキルを発動。20分くらいのタイムロスをかましました。

この時何があったのかというと、薬師寺行き電車は基本1,2番線発。ただし稀に6番線発な場合がある。これに気づかず、次の電車は6番線発なのに1,2番線でひたすら待ちぼうけるっていうアホな事をしただけです。時刻表はしっかり見よう。小さい文字までちゃんと見よう…(戒め)

大和西大寺駅はこの引っ掛け以外に、”薬師寺方面行き””奈良行き””京都行き””大阪行き”など多方面への列車+特急・急行・普通列車が入り組んでおり、大阪環状線以上に初見殺しな駅だなーと思います(‘、3_ヽ)_

薬師寺

yakusihi

タイムロスしつつも何とか薬師寺へ到着。ここも刀剣類は撮影NGなため、写真はお寺の外観のみです。展示されていた刀剣は「刀剣乱舞」に関連するモノ多数。「BASARA」に関連する刀数本。さらに妖刀村正や仏教と関わる刀などなど、とにかく刀剣がいっぱい。

この日は刀剣展示の他にも西塔の中に入れたり、玄奘三蔵院伽藍の中にも入れたりと、薬師寺を隅々まで満喫できる良い時期でした。しかし、東塔&食堂跡は相変わらず修理中。この2ヵ所の修理が終わった頃に、真の薬師寺の姿を拝みにまた来たいものです。

天王寺・阿倍野をウロウロ

abenoharukas

薬師寺のお次は大阪へ迷わず戻って四天王寺へ行く…前に、天王寺と言えば噂のあべのハルカスがある。ってことで駅近辺をフラフラ歩いてみたのですが、デカイ。とにかくデカイあべのハルカス。

そして天王寺駅にはMIOというこれまた綺麗で巨大なビルがある。さらにあべのHoopなんてビルもある。オマケに道路の向かいにはあべのキューズモールもある。天王寺・阿倍野、ここは買い物天国ですか…。

事前調べでお隣の地域は怖いらしい話を見聞きし、ちょっと不安だったけど全く心配いらずでした。ただしそれは駅近辺の話であって、それ以上先は別…なのかな…。

近くにTHE大阪な通天閣とか新世界もあって行ってみたかったけど、どうも女の一人旅だと怖そうな気がして今回はスルー。天王寺駅近辺を満喫したら、お次はここ一番の目的地 四天王寺を目指します。

四天王寺

shitennouji

聖徳太子が建立した四天王寺。お隣には四天王寺高等学校・中学校があり、某テニスの某エクスタシー好きとしてはオタク方面でも大変気になる四天王寺です。さすがに学校の写真を撮るのは自重して、お寺の写真のみをペタペタはっていきます。

shitennouji-naka

このお寺も残念ながら一部修理中。一部っつーかほぼほぼメインっぽい塔はモロにネットに隠れてて、本殿も一部ネットに囲われていました。残念無念。

kame

敷地内にはそこそこ大きな池もあり、たくさんの亀が甲羅干し中でした。亀…かわいいよ亀…。でも簡単な気持ちで飼ってはいけないよ、亀…。数十年は生きるよ、亀…。

住宅地の中にありつつも、規模はかなり大きく造りも豪華な四天王寺。修理が終わって真の姿を拝めるようになったら、ここもまた訪れたい場所です。

大阪城

oosakajou

旅はいよいよ大詰め。最後の目的地、大阪城へ向かいます。日本のお城を生で拝むのは今回が初。初めて目にしたお城はただでさえ大きいのに、高台の上に立てられていて、とにかくデカイ&高い。

oosakajou-tensyu

天守閣からの眺めは大阪を一望できます。これが豊臣さんや徳川さんが眺めていた世界か…。そしてこの地下では今頃、刀剣男士のみんなが奮闘しているのか…。ウチの本丸はただいま地下55階あたりで停滞中です。ここら辺から槍のチクチク度合いが増してきてイタイ。

おわり

大阪城を見終えた後は、大阪・梅田近辺をウロウロー…しようと思ったのですが、ここは天王寺・阿倍野以上に巨大なビルが乱立していて、一歩改札の外に出たら迷子になること間違いナシ。

駅ホームから行列が見えて何だろうと気にはなったけど、そこへたどり着ける自信が全く無かったので、そのまま改札を出ずに新大阪へ向かいました。あの行列…結局なんだったんだろ…。あれか…マックスブレナーってやつか…?

ちなみにこの日買って帰ったおみやげは…

551

念願の551の豚まん・シュウマイ・ちまき3セットであります。

やった…ついにやったぞ…!保冷バッグだから匂いも漏れず、新幹線の中で匂いテロをすることなく持ち帰ったぞ!!今日のお昼からじっくり食べ進めるぞ!!!

こうして無事終わった大阪・奈良日帰り旅行。一人でこんな遠くまで来たのは数年ぶりでちょっと緊張しましたが、特に問題なく満喫できました。でもたまに乗換を迷ったり、道があってるか不安になったことはあったので、やっぱりスマホあると便利だなーなんて思う場面もチラホラ。

そういえば6月1日からドコモがついに長期利用者向けプランを出すらしく、ドコモ歴十数年の私の出番がいよいよ来たのか。それとも結局大したことないのか。今後の動きが気になります。

NTTドコモ 長期契約者の料金下げる新プラン | NHKニュース

さて、今後の旅行予定は5月上旬に名古屋で刀剣巡り+時間に余裕があれば伊勢参り。そして6月はいよいよ家族の結婚式inハワイです。おそらくこの2つがクズニート中最後の旅行でしょう。

心残りの無いようどちらもたっぷり満喫して、その後に控える転職を頑張ります。金のために頑張ります…(‘、3_ヽ)_

スポンサーリンク