刀剣乱舞~京の軌跡 スタンプラリー弐~の思い出

2016年にスタートした「刀剣乱舞 -ONLINE- ~京の軌跡 スタンプラリー~」イベント。その第二弾が開催されるとの初報を聞いた時から行かねばならぬと思い、思えば、思うとき。

というわけで弊社倒産の危機&転職活動で大忙しという人生の岐路に立たされている真っ只中に、今年も行ってきました2017年版「刀剣乱舞 -ONLINE- ~京の軌跡 スタンプラリー弐~」。

ちなみに去年行った時はちょうど関西方面に最強寒波が訪れていまして、大雪にはならなかったものの小雪がぱらつき、そして何といっても極寒。とても極寒の中、京都中を駆け巡りました。それはそれで京都の本気の寒さを体験できたり、雪がチラつく京都を拝めたり、何より「刀剣乱舞」初のスタンプラリーイベントですから楽しいにきまっています。楽しかったです。それはもう楽しかった。

だからって今年も、2017年も、私が京都へ行くタイミングに合わせて訪れなくても良かったんじゃよ、最強寒波どの。

連日トップニュースになっている通り、私が京都へ行く数日前から西日本を中心に最強寒波(1月に続いて今年2度目?)が訪れまして。いや、現在進行形で訪れている真っ最中でして、つまり今年の、2017年の京都スタンプラリーもやっぱり寒くて小雪がパラつく、場所によっては積雪もしている京都でした。運が良いのか、悪いのか。

良いのです。きっと運が良いのです。だって晴れてる京都なら年がら年中拝めるけれど、雪の降り積もる京都は冬シーズンしか拝めません。天気予報を見て、実際に降ってることを確認してから行くには遠すぎる京都。遠方から赴く自分にとっては狙うに狙えない雪の京都。それを2年連続で引き当てる自分は運が良いのです。悪くない悪くない。良いってことにしておいてくださいお願いしますポジティブは正義_(:3」∠)_

そんなこんなで、運が良いのか悪いのか、2年連続最強寒波と共に歩いた京都スタンプラリーの様子を、本日は写真と共に振り返ってまいります_(┐「ε:)_

スポンサーリンク

刀剣乱舞~京の軌跡 スタンプラリー弐~

この日、最強寒波が訪れている割には天気が良かった富士山近辺。しかし富士山頂を良く見ると…

雪煙の規模がでかい版とでも言いましょうか。山頂付近から噴火したのかってくらい白い煙(たぶん恐らく間違いなく、富士山に積もってる雪が強風であおられている)がブフォッと吹き荒れていて、冬の雪山のヤバさはガチってもんじゃないなと、改めて思うなど。

その後、名古屋あたりから予想通り外の景色が白く変わり、最初はうっすら程度だった白さも、豪雪地帯と噂の岐阜~滋賀 関が原近辺に突入した途端…

銀世界とかそんな生易しいレベルではなく、数キロ先まで見える晴天ヤッホー状態だった富士山とは全くの別世界、数キロ先どころか1キロ先の視界も怪しい豪雪のターンがやってきたのでした。

さすがの新幹線もここはとてもゆっくり徐行運転…いや、徐行運転できるのがすごいです。正直運転席からも先は見えないんじゃないかってくらい積雪だけでなく降雪もハンパなかったんですが、東海道新幹線はそれでも止まらない。徐行はするけど止まらない。すごいぞ東海道新幹線。

その豪雪地帯を抜け、琵琶湖近辺までくると雪もかなり落ち着き、晴れ間が見え、積雪もまばらになった頃、約40分遅れで京都着。ここから遅れを取り戻すべく、怒涛の移動ラッシュが始まるのでした。

花山稲荷神社

\大きいけれど小狐丸/

京都市内から離れた場所にあり、バス停から徒歩10分ほど、地下鉄の駅からは徒歩20分ほどという、あまり行きやすい場所ではない上に、場所は住宅街と田んぼのど真ん中で、目印になりそうな建物も見当たらず、グーグルマップが無かったら恐らくたどり着けなかった花山稲荷神社。今回のスタンプラリーで間違いなく、一番難易度が高い場所であります。

この後、徒歩で地下鉄の駅まで歩いている最中、以前から気になっていた坂上田村麻呂の墓も拝む事ができ、

旅の初っ端から地図を片手にうんうん唸る旅路だったけど、新幹線が遅延した分、行くのを諦めようかとも考えたけど、いやいや行って良かった。静かで落ち着いた、素敵な場所でした。

粟田神社

地下鉄に乗って蹴上から徒歩で、次に向かうは粟田神社であります。ここでは一兄&秋田くん…とその後ろにいる何ともいえない酉達を拝みつつ、スタンプラリーとは別のもう一つの目的、三日月さん刀剣御朱印をゲットだぜ。

黒地に金の箔押しされた三日月さん…うつくし…(‘、3_ヽ)_

そして粟田神社に来たら欠かせないのが、

粟田神社の中腹?駐車場内にある鍛冶神社であります。しっかり拝んで次の目的地へ。

本能寺

この2振が…本能寺でツーショット…。刀ステ再演の配信を見てからまだ1ヶ月も経っていないせいか、いろんな思いがこみ上げながら激写です。そしてそそくさと次の目的地へ向かいます。時間がないのです。40分の遅れを取り戻すため、のんびりゆっくり観光はしていられないのだ…。本能寺は以前も訪れていますし、しょうがない!次!!

とか言っておきながら、本能寺から目と鼻の距離にある京都市役所の歴史を感じる趣に惹かれて激写するなど。

二条城

訪れるたびにどこかしら工事中の二条城。今回は正門が完全に工事中のため閉鎖されており、北?の裏口っぽいところから入場しました。さて、この広い場内のどこに陸奥守が…と探す気まんまんで入場したら目の間にいたのがこの陸奥守。誰もが通る入り口兼出口にドーンと構えて迎えてくれる陸奥守。

この後、城内をブラブラ散策する前に休憩所で小腹を満たし、なぜか展示されていた虎徹・村正・来などの刀達をありがたく拝み、

二の丸御殿唐門や、ちらほら咲き始めた梅を楽しみつつ、足早に駆け抜けて次の目的地へ向かいます。

北野白梅町駅

「花丸」で大活躍だった加州&安定ペア。駅構内に置かれていて、どこか暖かそうに見えた2振でした。この後見つけた三日月さんが、とてもとても寒そうだったのはもう少し先のお話。

嵐山

嵐山は見所いっぱい。岩融&今剣ペアに、コラボ電車の留置。嵐電バルではコラボドリンク販売も行われており、土日だからか中々の混雑具合でした。と言っても外で10分待った程度で、回転はとても早い。

選んだクラムチャウダー、ミネストローネはどちらも温かくておいしくてオススメです。ちゃんと具も入ってて腹まで満たされる!

太秦映画村

お次はプリキュアランド…ではなく太秦映画村です。ここは太秦映画村。太秦映画村は歴史モノ以外にニチアサ系の展示・イベントも豊富でして、今回は入り口に歴代プリキュアがドーンと展示されていました。こいつぁ驚きだぜ…。

そのお隣にはメインイベント、「花丸」の展示コーナーがドーンと構えており…

見ごたえバツグン。その分、審神者の皆さんも大勢いらっしゃって、特に厨コーナーは大行列。30~40分は並ぶハメになると見るやいなや、即諦めてコラボフードを食べに向かいます。

寒空の下、暖かい三日月さんのぜんざい&お茶はともかく、冷え冷えのイタズラスイーツはなかなか堪えましたが、おいしかったです。

四条大宮

スタンプラリーの終着駅(自分の場合は終着駅だったけど、人によってはスタート地点でもあり、通過点でもある)、四条大宮では念願の三日月さんに出会えたわけですが、なんと三日月さん、駅構内ではなく改札の外にいらっしゃいます。この時ちょうど強風が吹き荒れだして、外に置かれた三日月さんはバインバイン揺れる揺れる。支えたい、あなた様をずっとここでお支えしたい…(‘、3_ヽ)_

しかし、無常にも帰りの時間は迫っており、ここで三日月さんをひたすら支えることはおろか、この日最後に訪れる予定だった藤森神社へも行けずじまいとなりました。新幹線の40分遅延は挽回ならず。しかししかし、視界が真っ白になるほどの悪天候でも運行してくれた東海道新幹線に感謝こそすれ、文句なんぞこれっぽっちもありませぬ。よくぞ走行してくださった…。

藤森神社まで足を伸ばす時間は無かったものの、以前から気になっていた錦市場へ行く時間は何とか取れたり、そこで念願の豆腐ドーナツを食べたらフワッフワ。驚きのフワッフワ加減になんだこれフワッフワ。もちろんおいしかったです。錦市場は改めてじっくり食べ歩きを楽しみたい場所として、しっかり脳みそに刻み込みました。

おわり

その後、京都駅で3000円分の買い物チケットを握り締め、限界ギリギリまでお土産を存分に買いつくし、駅弁も買い込み、新幹線に乗車。車内では”限定”アナウンスに釣られてチョコアイスまで購入し、最後の最後まで楽しみいっぱいの花丸な旅でした。

さて、今度京都へ行くのはいつになることやら。年内にまた訪れるのか。それとも来年、またスタンプラリーが開催されるとイイナーと願いながら、もしそれが叶ったらまた行くのか。未だ見れていない紅葉の季節にも行ってみたいけど、絶対絶対ものすごおおおおおおく混雑してるんだろうなー(‘、3_ヽ)_

それでも見たいものは見たいので、行きたいものは行きたいので、また行こう京都。また行くよ京都。それまで一旦さらばだ京都。

以上、刀剣乱舞~京の軌跡 スタンプラリー弐~の思い出でした。おしまい_(┐「ε:)_

スポンサーリンク