そうだ、桜を見に京都いこう2016~銀閣寺・清水寺はまるで夏休みの竹下通り~

kyoto-sakura01

京都日帰り旅行から帰って来て二日目。かなり歩いたせいか未だに足が筋肉痛です。それでも毎日の日課である宅内チャリ漕ぎは欠かさない…のですが、もしかして一日くらいしっかり休養日を作らないと、筋肉が疲弊するばかりで宜しくないのでしょうか。

しかしチャリ漕ぎ楽しいしなぁ…。アニメ見ながら漕いでると気づけば1時間近く立っているなんてザラです。それでも一向に減らない体重。解せぬ。

それは置いといて、本日はあんまりオタクっ気のない京都日帰り桜旅行の思い出を貼りまくります。桜シーズンの京都は、イベントのような大行列&夏休み中の原宿竹下通り並みの人混みでした…

スポンサーリンク

そうだ、桜を見に京都いこう2016

kyoto_sakura_map

旅のルートは↑の通りです。京都中をグルッと左回りに巡りました。左回りの理由は地図上右側にある神社仏閣は夜間ライトアップ率が高いから。夜間ライトアップがある=日が暮れても桜が見れる。到着が遅れてもなんとかなる。

対して嵐山は山なので、暗くなると桜が見えなくなってしまう可能性大。ならば最初に嵐山、最後の方に右側へ行けばどこの桜も見れるだろう、ってことでこの巡り順になりました。

地図上の紫の線は電車、ピンクの線は徒歩、青い線はバスをそれぞれ利用。バスは混雑すると伺ったので(特に地図上右側)、徒歩多めです。歩いた総距離は約14km。これでも体重減らないのは何故なのでしょう。解せぬ。

それは仕方が無いのでやっぱり置いておくとして、とにかくこんなルートで、こんな移動手段で京都中を左回りで巡った様子をお送りします。

①京都駅着

東京6:30頃発の新幹線に飛び乗り、小雨模様の京都へ着いたのが9:00前。このとき既に駅前バスターミナルは大行列まみれでした。バス停からまっすぐ並んで、途中で折れ曲がって、最後尾は遙か彼方。ここはイベント会場か何かですか…。

大行列が出来ているのは主に清水寺・祇園方面、そして嵐山方面。やっぱりそこら辺がメインだよなーと思いつつ、バスターミナルを通り過ぎて京都タワーホテルで朝食ビュッフェを頂きます。ツアーパッケージに勝手に含まれていたので、せっかくだから頂きます。お粥がうまい。

②嵐山

kyoto-sakura02

のんびりご飯を頂いたらJR山陰本線に飛び乗って最初の目的地、嵐山へ。バスが大行列だったのに対し、電車は何故かそれほど混雑しません。さすがに座れはしないけど、隣の人に触れる事無く立っていられる余裕アリ。

よくパンフレットなんかに載る渡月橋からの景色を撮影してみましたが、どんより曇ってるし、山頂付近に雲がかかってるし/(^o^)\でもこれはこれで風情があります。そう納得させる。

③天龍寺

kyoto-sakura03

案外時間に余裕があるかもーってことで急遽天龍寺にも立ち寄りました。

kyoto-sakura04

ここのお庭は本当に広い。池が、川がある。苔ビッシリ。何種類もの花がいっぱい。もちろん桜もいっぱい。人もいっぱい。背後には竹林もある。素晴らしい…。

世界遺産|京都 嵯峨嵐山 臨済宗大本山 天龍寺 公式ホームページ

④仁和寺

kyoto_sakura_map02

嵐山を堪能した後は、嵐電に乗って仁和寺へ。この仁和寺へ向かう途中に、いつの間にか新駅「撮影所前」が誕生していて驚きました。今年1月末に嵐電の「刀剣乱舞」スタンプラリーに参加した時は無かったのに…。

この新駅誕生でJR山陰本線の太秦駅への乗換がスムーズになるとかなんとか。他にも太秦映画村へ行くには「撮影所前駅」が最短になるのでしょうか。ちなみにGoogleMapにはまだ新駅「撮影所前」が反映されていません。がんばれGoogle。

kyoto-sakura05

そんな新駅を通り過ぎ、御室仁和寺駅で下車すれば目的の仁和寺はもう目の前。ここは背の低い(目線の高さに桜が咲く)御室桜で有名なお寺でして、確か去年の「そうだ、京都いこう」桜CMはここが映されていました。

もちろん自分の目的もその御室桜です。寺院内にある桜色のキレイな門をくぐって、いざ御室桜とご対面…

kyoto-sakura06

つ ぼ み/(^o^)\

御室桜は桜の中でも咲くのが遅い種類だったようで、さっぱり咲いていませんでした。ただしつぼみはパンパンに膨れて今にも開きそうな感じ。予定では9日(土)あたりが満開だそうです。訪れるのが早すぎた\(^o^)/

今度京都の桜を見に行く時はこの御室桜をメインに日程調整しよう…そう心に近いながら、次の龍安寺へ向かいます。

世界遺産 総本山 仁和寺

⑤龍安寺

kyoto-sakura07

仁和寺~龍安寺は徒歩で約10分ほど。バスという手もアリ。龍安寺といえば石庭が有名です。桜シーズンはこの石庭にしだれ桜が合わさってより一層きれい!…だったのでしょうが、既に散りまくってました。ここのしだれ桜は咲くのが早いらしい。残念。それでも念願の石庭は美しく、一見の価値アリです。

kyoto-sakura08

龍安寺は石庭の他にも巨大な池を中心に庭園が広がっており、梅、桜、松…その他モロモロ見所いっぱい。

あと駐車場の方にトイレが設置されています。一つは昔からあるであろう和式トイレの建物。その隣には海外の方のために新しく建てられたのか、洋式トイレの建物が!

これ重要!洋式トイレすごく重要!!和式つらい!!!トイレへ行くなら龍安寺、オススメデス。

このあと龍安寺からちょっと歩いて立命館大学前のバス停から二条城へ向かいます。龍安寺前にもバス停はありますが、ここから乗っても二条城行きがないのです。立命館大学前はちょっとしたバスターミナルになっており、ここからバスの本数・種類がグンと増えるので乗換はここで。

大雲山 龍安寺|Ryoanji

⑥二条城

kyoto_sakura_map03

二条城は二の丸御殿~本丸御殿の外周(ピンクで囲んだあたり)に桜が咲いてます。特に北の清流園は道の両脇に桜がビッシリ。広いお庭もあって二条城イチの桜スポットではないでしょうか。

kyoto-sakura10

ここら辺でだいたい12:30くらい。小腹が空いてきたので休憩所でほうじ茶ソフトクリームを頂きます。ちなみに二条城の休憩所には名物?スイーツがありまして

kyoto-sakura09

すごく…金箔です…。これを注文する勇気はありませんでした。

二条城 世界遺産・元離宮二条城

⑦京都御苑

kyoto-sakura11

お次は二条城から徒歩で京都御苑へ。ここは今年の「そうだ、京都いこう」春CMで映っている場所です。苑内には確かに桜がいっぱい。

kyoto-sakura12

そんな御苑の中央には塀に囲まれた京都御所が鎮座していますが、この日は一般公開日ではないため入れません。確か6日…今日から一般解放だったでしょうか。今度行く時は中も拝みたいところです。

それにしても御苑広すぎわろた…。

環境省_京都御苑

⑧哲学の道

kyoto-sakura13

京都御苑からはバスで銀閣寺へ…立ち寄ろうとしたんですが、銀閣寺へ通じる道が夏休み中の原宿竹下通りかってくらいの大混雑/(^o^)\歩くのもままならないギュウギュウ詰めだったので、即スルーを決め込んで哲学の道へと進みます。

kyoto-sakura14

哲学の道。この道にはひたすら桜が植えられており、特に銀閣寺近辺は桜が道の両脇にワッサワッサ植えられていました。頭上は桜だらけ。この日見てきた中で一番の桜密集スポットです。

⑨平安神宮

kyoto-sakura15

ここからはもうずっと徒歩。哲学の道を抜けたら東へひたすら歩き続けて平安神宮へと向かいます。見事な朱色の門。

kyoto-sakura16

kyoto-sakura17

中の本殿もやはり鮮やかな朱色でそれはもう素晴らしいのですが、その裏に広がる神苑がこれまた広い、池でかい、美しい、花盛り、桜盛りで見事なのです。

ただし、トイレはあんまりキレイじゃない。

[公式]Heian Jingu Shrine – 平安神宮 | 京都・桜の観光名所、結婚式・七五三、慶びの神社

⑩知恩院

kyoto-sakura18

平安神宮から南へ歩き続けると知恩院。相変わらず巨大すぎる門と、その両脇に満開の桜。良い眺めです。今までこの門だけ見てスルーし続けていた知恩院ですが、今回は初めて中にも入りました。

しかし、残念ながらメインの御影堂は工事中。2019年には竣工予定だそうなので、今度の京都旅行はそれ以降がいいかな…。あ、知恩院のトイレはキレイ且つ洋式トイレで最高でした。ありがとうございます_(:3」∠)_

総本山知恩院

⑪円山公園

kyoto-sakura19

知恩院の横道からお次は円山公園へ。ここも桜が大量&満開の見事な桜スポットです。奥の方には坂本龍馬&長岡慎太郎の像。

kyoto-sakura20

そして公園の中央には、この日見たしだれ桜の中で一番大きく一番花盛りなしだれ桜がドーン。この辺りから人混みがヤバイ事になってきます。とても八坂神社まで行けない。祇園になんて出れない。というわけでここも横道にそれて清水寺へと向かいます。

⑫高台寺

kyoto-sakura21

当初、行く予定はなかった高台寺。しかし、円山公園~清水寺までの横道(ねねの道)を歩いている最中に、しだれ桜が見ごろですよ看板を見つける。ならば見てみようってことで立ち寄ったら石庭まであった。

しだれ桜がしっかり咲いていた分、龍安寺の石庭よりも高台寺の石庭の方が印象深く残っています。しだれ桜が端っこに1本だけってのがイイ。複数あるより1本がイイ。立ち寄って良かった高台寺。

ホーム – 高台寺

⑬清水寺

kyoto-sakura22

高台寺からねねの道を通り、二年坂を上り、途中でとうふまんじゅうやみたらし団子をつまみつつ三年坂も上ると、いよいよ旅の最終目的地である清水寺へと到着です。

ここら辺の道・坂は全て大渋滞。夏休みの原宿竹下通りそのまんまなくらいの人・人・人。しかし、ここを通らないと清水寺には行けないので踏ん張ります。もちろん清水寺へ到着しても、人だらけなのは変わらず。

桜の数は他と比べて少なめですが、何といってもこの景色。京都の中でも別格の観光スポットだなんて耳にしますが、確かにそうだなと思わされる絶景です。

音羽山 清水寺

⑭伏見稲荷

予定では清水寺が旅の終着点でした。が、思いのほか早くめぐり終えてしまって、清水寺を後にしたのが17:00。帰りの新幹線まで2時間以上もあります。京都駅でダラダラ過ごすにはもったいない。せっかくだしもう一箇所くらいどこかへ…
kyoto-sakura23

そうだ、伏見稲荷いこう。

正直桜スポットではない伏見稲荷。数年前にも一度訪れている伏見稲荷。しかし「刀剣乱舞」にハマってからはまだ訪れていない伏見稲荷。そして我が本丸に1年以上も不在の小狐丸、縁の地でもある伏見稲荷。これは行くしかない。

というわけで薄暗くなってきた18時頃に伏見稲荷へ到着します。こんな時間でも観光客は次から次へと訪れてくる伏見稲荷、大人気の場所です。

kyoto-sakura24

有名な千本鳥居は当然人だらけで、よくパンフや雑誌に掲載されているような神秘的な鳥居をなっかなか撮影できません。ガッデム。

kyoto-sakura25

ただし、奥社の先まで行くと人はまばらになって良い感じに撮影できます。暗くてボッケボケだけど。

今度来る時は明るい時間帯に、できれば時間にたっぷり余裕を持たせて山頂まで上りたい伏見稲荷でした。さて…小狐丸がウチの本丸に来てくれるよう必死にお祈りしたけど、いつ来てくれるかな…。

伏見稲荷大社

おわり

以上が今回の日帰り京都旅行でした。予定していた場所だけでなく予定外の場所にも複数立ち寄れて、日帰りでも十分楽しめた京都。泊りがけじゃなくても良いんだと分かって、より身近に感じた京都。

これなら秋の紅葉シーズンも、また何かしらコラボイベントが始まっても恐れることは無い。1日確保して、ガッと予定を組んで行くだけです。福沢諭吉が3人ほど消えるけど、そこは働くなり貯金を削るなりして確保するのだ…。

というわけで、いつでもかかってこい「刀剣乱舞」コラボin京都ヾ(:3ノシヾ)ノシ

なお、来週末15日(金)は刀のために大阪・奈良・うどん県へ日帰り突撃する予定です。うどん県だけ遠いけど、たぶん日帰りに組み込める。組み込める予定。ただし、新幹線の数が少ないので時間厳守。時間との勝負…(‘、3_ヽ)_

スポンサーリンク