「遙か6」が2015年発売とは完全に予想外。舞台は大正・帝都東京…これはスルーできん…

先日、聖地”パシフィコ横浜”にて開催された乙女イベント「ネオロマンス 20th アニバーサリー」。ネオロマンス20周年イヤーの華麗なる幕開けをお祝いするこのパーティーと言うことで、今までを振り返ったり、今後の展開についての発表がなされることでしょう。

そして、それはきっと以前から発表されていた「アンジェ」のリメイク話のことに違いない!そう思っていた時期が私にもありました…(´-`)

Photo bygamecity

スポンサーリンク

「遙か6」発売決定

「遙か6」が2015年発売とは完全に予想外。舞台は大正・帝都東京…これはスルーできんな…

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

おれは、アンジェリメイクを心待ちにしていたと思ったら、いつのまにか「遙か6」に変わっていた。

な… 何を言っているのか わからねーとry

これは完全に予想外です/(^o^)\さすが20周年記念のネオロマンス…こんなデカイ隠し玉を用意していたとは…。これから忙しくなるな。

舞台は大正時代の帝都東京

今まで平安・戦国・ファンタジーからの幕末…と順調に現代へ向かいつつある「遙か」シリーズ。もし次があるとしたら、舞台は明治か大正か…と妄想した時期がありました。それがまさか現実になる日がやって来るとは…。

「遙か6」が2015年発売とは完全に予想外。舞台は大正・帝都東京…これはスルーできんな…

Photo by45ryouma

「遙か6」の舞台は”大正時代”の”帝都東京”。

この言葉だけで予約したい気持ちが抑えきれません。何なんでしょう、”大正”というロマン溢れるこの響きは。ぶっちゃけ大正時代に何があったか詳しく知らないんですが、それでも”大正”と聞くと何故か魅力的に思える不思議。

さぁ、いつでも発売するがいい、受けて立とう。

ティザーサイトは16日

今のところ「遙か6」の情報は公式から出ておりません。ネオロマTwitterも更新が13日で止まっております。土日祝だししょうがない。

連休明けの16日には「遙か6」のティザーサイトが公開予定となっているので、明日を心待ちにしながら連休最後の日を過ごそうではありませんか。明日からの仕事も、コレで多少は頑張れ…そう…。

声優さんは5のメンバーらしい?

ゲームニュースサイトの情報では「遙か6」の出演声優さんについて、詳細が書かれていません。ただひとつ、分かっているのは…

声優の阿部敦さんは本作について、「まだ詳細は決まっていませんが、どんな役でも魂を入れて演じさせていただきます」と意気込みを語った。

byfamitsu

どうやら阿部敦さんは出演決定。阿部さんと言えば「遙か5」のメンバーでございます。さらにTwitterを見てると、「遙か5」の声優さんがそのまま「6」に…なんてツイートもある。となると、5の声優さん達がそのまま6にお引越しと見て間違いないか。

PSP&Vita

対応機種はPSPとVita。

オトメイトはVitaへ完全移行しましたが、ネオロマはPSP・Vitaの同時進行を続けるようです。自分は「薄桜鬼SSL」のためにVita勝った勢なので、Vita一択。

発売は2015年

あくまでも”予定”なので、広い心で待ち続けたほうが無難かと思われます。発売延期の可能性を心の隅に感じながら…。

おわり

ところで、ついに”大正”まで来てしまった「遙か」シリーズ。この先どこへ向かうというのでしょうか。さすがに”昭和”になってしまうと、現代に近すぎて「遙かなる時」に思えません。だからと言って「6」が「遙か」シリーズ最後のお話になってしまうは嫌だ/(^o^)\

個人的には原点回帰で平安に戻っても良し、途中すっ飛ばした時代をやるも良し。兎にも角にも、「遙か」シリーズがこの先も末永く続いて、我々に愛と夢と希望を与え続けてくださることを祈っております(^ν^)

スポンサーリンク