アニメ雑誌12月号はFree!いっぱいのオトメディアが第1候補。兵長が表紙のARIAも予約しておきたい

今月もアニメ雑誌がいっきに発売される時期になりました。Twitterでは早くも表紙や付録の公開祭りが行われてますが…

隔月発売のオトメディアの本気が今回もスゴイ。

スポンサーリンク

Free!大特集のオトメディア12月号

OTOMEDIA (オトメディア) 2013年 12月号 [雑誌]

表紙がクリスマス正装してる遙、真琴、凛、渚、怜さん5人!これはすばらしいクリスマスプレゼント。オトメディアさんありがとうございます。

しかもこれだけじゃないのがオトメディアの恐ろしいところ。なんとFree!5人が小学生バージョンのクリスマスイラストまでついてくる!編集部さんグッジョブです。

https://twitter.com/gakken_otomedia

このFree!特集だけで買いが決定しそうな勢いなんですが、他にも弱虫ペダルのクリアファイルがあったり、うたプリからはカミュのプライベートロングポスターもついてたり、毎回恒例のピンナップもてんこ盛り。

艦これ特集もあるようなので、もしかしたらこれ目当てに購入する男性提督もいらっしゃるかもしれない。なにはともあれ、今年1年を締めくくるに相応しい出来であります。

ところで次回発売は2月号になるのかな。となると…早くもバレンタイン特集なのか…。

アニメディアはマギが目印

アニメディア 2013年 12月号 [雑誌]

アニメディアはやっぱり男性読者が多いのか、モルジアナさんが大きめ。しかも太ももです、太もも。オトメディアに比べるとさすがに乙女向けではないこともあって、ややアッサリした印象です。

が、ふろくにFree!がついてくるではないか…。しかもコレ、ハロウィンイラストに見えるのは気のせいですか。

オトナアニメディアもFree!特集

オトナアニメディア HYPER!  2013年 12月号

そういえば、先日発売されたばかりの「オトナアニメディアHYPER! 12月号」もFree!が表紙でした。

Free!ピンナップが3種類もついてくる。しかも描き下ろし…。さらに珍しいことに御子柴部長までいらっしゃる。これは私得。

PASH!もマギ推し

PASH!(パッシュ) 2013年 12月号 [雑誌]

表紙も巻頭特集もマギづくしのPASH!12月号…しかしいつもの特別ふろくA1でかでかポスターにはマギだけでなくFree!もあるのでした。

ここでもFree!か。しかもクリスマスパーティなうな感じです。

進撃まみれのニュータイプ

Newtype (ニュータイプ) 2013年 12月号 [雑誌]

こ、これは…!

巨人化エレンが表紙を飾るのって初じゃないですか?しかもミカサも一緒。兵長はいない。ミカサさんクールな表情してるけど、心の中では大喜びしてそう。

表紙・特集・付録にモザイクアートと双六もついてきて、ちょっとした進撃ファンブックみたいな感じになってます。これも欲しい…しかし乙女向け特集ではなく、一般的な進撃特集だからどうしようか…。

ところで付録の双六。巨人になって人類を駆逐しようっていう新しいすごろくでした。アニ側っつーことですか。

プリキュアと見せかけてFree!全サのアニメージュ

アニメージュ 2013年 12月号 [雑誌]

表紙も特集もプリキュアのアニメージュかわいい。しかし紳士向けか、これはスルー確定だな…と思ったらFree!の応募者全員サービスがありますよ…。

遙×真琴のスポーツタオル。

これ公式でカップリング表記してて良いんだろか。狙ってるんだろか…。

ARIA 2014 1月号の表紙はリヴァイ兵長

アニメ雑誌12月号はFree!いっぱいのオトメディアが第1候補。兵長が表紙のARIAも予約しておきたい

Photo bynatalie

今月発売のARIA 2014年1月号の表紙が早くも発表されてました。ついに…兵長が表紙!!!

今回もコミックナタリーさんの記事に超デカイ表紙イラストが公開されてたので目標をセンターに入れて右クリックです。

表紙をよーく見てみると、何やら兵長のクリアファイルもついてくるそうで。これは予約しないとアカンやつや…。しかしamazonさんでまだ予約始まってNEEEEE。

コミックナタリー

アニメ雑誌12月号まとめ

いろいろ迷いますが、やっぱり今月はオトメディアが最優先になりそうです。次いでニュータイプ…といきたい所ですが、オトメディアって1200円もするから結構バカになりません。

ARIAのことも考えると、大人しくオトメディア1本に絞るのが良さそうだ…。とりあえずARIA 1月号の予約早くさせてくださいamazonサン。

OTOMEDIA (オトメディア) 2013年 12月号 [雑誌]
学研マーケティング (2013-11-09)
スポンサーリンク