ミスド・セブン・ローソン・ファミマのチョコオールドファッションドーナツを食べ比べてみよう

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツを食べ比べた結果、生地はミスド、チョコはセブンが◎

今さら何番煎じだよ…て感じですが、前々から気になっていたのでついに実行しました。ミスド・セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートのドーナツ食べ比べ。

検索すればいくらでも食べ比べ記事がヒットする。参考にはなる。しかし、人の味覚や好みって千差万別です。いつかは自分自身で食べ比べしたい…。

ちなみにミスドもコンビニドーナツも、今までに何度も食べたことはあります。ただし、それは1日に1、2個程度の話。しかも毎日食べる程ではありません。1週間に1個食べるかどうか。そんな頻度ではどこのドーナツがどんな味だったかはともかく、他のドーナツとどう違うか正確に判断しずらい…。

そこで今回は、4社共通で販売しているチョコオールドファッションドーナツを一斉に並べて食べ比べる調査を実施。一口食べたら次のドーナツ…を繰り返し、各社の差を自分なりに調べてみました。

スポンサーリンク

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツ食べ比べ

改めて、食べ比べ対象は各社共通で販売しているチョコオールドファッションです(名称は会社に寄って微妙に異なる)。あくまでも自分の味覚・好みの結果なので全く万人向けではありません。参考までに自分の好みをあげますと…

・甘さ控えめで頼む
・チョコならビター
・イーストドーナツなら3個はいける
・ケーキドーナツは2個で限界
・オールドファッションハニーは1個で死ぬ

こんな感じ。ではまず見た目の調査から。

見た目

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツを食べ比べた結果、生地はミスド、チョコはセブンが◎

上から見ると左下のセブンイレブンだけ、他社より一回り小さめです。チョコのコーティング具合はファミマ・ローソンがドーナツの半分を占めてて多い印象。チョコ好きには嬉しい限りですが、この辺の見た目は製造されるたびに微妙に異なると思うので、誤差の可能性アリ。

続いて裏面も見て見ますと…

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツを食べ比べた結果、生地はミスド、チョコはセブンが◎

4社とも裏まではチョココーティングされていませんでした。残念。ミスドのみ裏側に網目状の跡があるくらいで、それ以外は特に目ぼしい違いはありません。

お次は横から。

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツを食べ比べた結果、生地はミスド、チョコはセブンが◎

ここでもセブンイレブンは他社よりやや低め。縦横高さ全てにおいて他社より一回り小さいようです。ミスドも手に持った感じは薄めかな…?と感じたものの、こうして比べるとそうでもないらしい…。

最後になんの役に立つかは分かりませんが、断面も。

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツを食べ比べた結果、生地はミスド、チョコはセブンが◎

正直、断面に差はほぼありません。しいていえばファミマ・ローソン・セブンのドーナツは、断面の下の方に水分?それとも油?が貯まってるように見えるくらい。

見た目は以上です。次はいよいよ食べ比べた結果と、せっかくなので価格や、あんまり知りたくないカロリーも付け加えます。

ファミリーマート

famima-donuts

値段  :税込108円
カロリー:494kcal

生地の甘さ :★★★★
チョコの甘さ:★★★★★
全体の甘さ :★★★★★
食感:超しっとり、サクサク感なし

唯一袋詰めで販売されているファミマのドーナツ。水分が外に逃げない、乾燥しないため、他社のドーナツより生地が非常にしっとりした食感が味わえます。”ふんわり”はしません。”しっとり”です。

自分が開封した時は、暖かい店内から寒い外に出て暖かい自宅へ…と寒暖差が激しかったせいか、若干結露っぽいものも袋内部に見えました。だから余計にしっとり感が強かったのかも。

お味の方は生地もチョコも、とにかく甘い。これ1個でお腹いっぱいになれる甘さです。生地にミルク感はあまり感じず、かといってグレーズでコーティングされてるわけでもない。だが、甘い。おまけにチョコも甘い。甘さと甘さが備わって最強です。

ちなみにチョコの味は砂糖か何か、甘い成分がたっぷり入ったような味でした。ミルクチョコとも違う味。駄菓子か何かでたまーに食べる、薄いチョコの味…?

甘い物!とにかく甘い物を出せ!!そんな時にベストなのがファミマのチョコオールドファッションドーナツであります。

ローソン

lawson-donuts

値段  :税込100円
カロリー:448kcal

生地の甘さ :★★★★★
チョコの甘さ:★★★☆☆
全体の甘さ :★★★★☆
食感:しっとり、ややサクサク

ローソンのドーナツはしっとりしつつ、サクサク感も味わえます。ただし、このサクサク感は生地がこんがり固めに焼きあがってるからではなく、生地全体をコーティングしているグレーズによるもの。ミスドのハニーディップのような甘いコーティングが、ローソンのオールドファッションにはかけられているのです。このグレーズが軽いサクッとした食感を出しています。生地自体はしっとり。

このグレーズがクセモノと言うか、好きな人にはたまらないと言うか。グレーズの味が生地の味、チョコの味より勝っていました。

例えば生地だけを食べたのなら、グレーズの味が勝っていても仕方がないと思える。なにせコーティングされているのだから。じゃあチョコの部分を食べたらどうかっつーと、やっぱりグレーズが主張してきます。口に含んですぐにチョコの味がしたかと思ったら、気づけばグレーズに全てを持ってかれる。グレーズ強い。グレーズ最強。

オールドファッション系が食べたい。でもグレーズの甘みも欲しい。ついでにチョコもよろしく!そんな時はローソンのチョコオールドファッションドーナツがベストかもしれません。

セブンイレブン

711-donuts

値段  :税込100円
カロリー:404kcal

生地の甘さ :★★☆☆☆
チョコの甘さ:★★☆☆☆
全体の甘さ :★★☆☆☆
食感:ザクザク

最近リニューアルされたセブンイレブンのドーナツ。以前はザックザクのクッキードーナツ食感でしたが、そこにしっとり感がちょっとだけ加わって、ザクザクに変化しました。ザックザクからザクザクへ。それでも未だに一番固いです。だがその食感を欲する時もある。

そんな生地を噛みしめていると、自分の味覚がおかしいのかメープルの味をほんのり感じます。実際にメープルを使用しているかは不明。

生地の甘さはとても控えめで、ついでにチョコの甘さも非常に控えめ。これはビターチョコ…?と思いきや、公式サイトには”スイートチョコレート”と記載されていました。アルェ。

とにかく全体的に甘さがとっても控えめなのが、セブンイレブンのチョコオールドファッションドーナツです。

ミスタードーナツ

misdo-donuts

値段  :税込151円
カロリー:364kcal

生地の甘さ :★★★☆☆
チョコの甘さ:★★★☆☆
全体の甘さ :★★★☆☆
食感:しっとりサクサクふんわり

ミスドのチョコオールドファッションは一言で表すなら”万能”。生地もチョコも程よい甘さ。外はサクサク、中はしっとり&ふんわり。ドーナツ専門店の底力が伝わってきます。

生地は公式サイトの説明通り、”ミルク風味たっぷり”。ついでにチョコもミルクチョコ?っぽい甘さです。確実にビターではない。甘くてミルキーで、しっかりチョコも感じられる。バランスのとれた一品であります。

問題はコンビニほど身近にお店がない事でしょうか。ふと食べたくなっても駅まで行かないと無い。街まで行かないと無い。遠い。あとお値段がやや高め。

値段は稀に良く100円セールを開催してくれるから気にならないとしても、遠さはやはりネックです。

おわり

ミスド・セブン・ローソン・ファミマのドーナツを食べ比べた結果、生地はミスド、チョコはセブンが◎

以上、ミスド・セブン・ローソン・ファミマ4社のチョコオールドファッションを食べ比べた結果でした。写真は食べ比べ中に手が止まった様子。最初はそれぞれ味の違いを楽しむ余裕を見せていましたが、途中からだんだん甘さにやられて、ついには手が止まる始末。

実は調査する際、さすがにドーナツ4個全てを一気に食べきる事はできないため、半分にカットして食べ比べを始めました。残り半分は明日に持ち越し。

半分のドーナツ4個=ドーナツ2個分です。これなら食べ比べしつつ食べ切れるだろう…。しかし、その考えは甘かった。チョコオールドファッションの甘さは強く激しく、徐々に手が伸びなくなる…。結局全て食べ終えたのは、調査開始から2時間後でした。ツライ。明日もこの戦いが待っているのかと思うと、さらにツライ。そして総摂取カロリーもあまり考えたくナイ。

最後はこんな状況でしたが、一気に食べず、1個ずつ食べればおいしいですので。4社とも違う味わいがあって、どれもおいしいですので。その時の気分によって、お好きなチョコオールドファッションドーナツをお楽しみください。

ドーナツはいいぞ_(:3 」∠ )_

スポンサーリンク