2016冬コミ(コミケ91)の女性向けサークル数を調査した結果、今回も「刀剣」がダントツ&今回からジャンルが細分化されてました

comiket-web

年に2度のお祭り、コミケがもうすぐやってくる。2016冬コミ(コミケ91)がやってくる。あと1ヶ月ちょっとでやってくる…とくれば、毎回恒例のアレです。作品別、女性向けサークル数調査のお時間です。

今回も調査対象は女性向けと思われるサークル(独断と偏見)に絞り、作品別サークル数を調査しました。調査するに当たって参照したのは、今回もやっぱり便利なWEBカタログ。

Comike Web Catalog

これまで通り、ナマモノ系は調査対象から外しています。それから判別が難しいお子様向けモンスター・妖怪アニメもややこしくなるので調査対象外。

個人によるザックリ手作業調査ゆえ、中には多少男性向け?が混じっている可能性大。そもそも数え間違い、計算ミスもありえそう。調査結果に絶対的な自信は皆無です。おおまかに、目安程度にご覧ください…_(:3」∠)_

スポンサーリンク

コミケ91女性向けサークル数上位10作品

comike91

まずはコミケ91で女性向けサークル数が多かった上位10作品をグラフ化。コミケ89、90に続いて今回のコミケ91でも「刀剣乱舞」がダントツの多さでした。

ちなみに前回のコミケ90の上位10作品はどうだったのかというと…

6fbba5f2f18f015c4e214c3e5b0b124a

順位の変動はあれど、基本的に同じ作品名がズラリ。ただし、よく見ると8位の作品に大きな変化が見られます。コミケ90で8位だった「ヘタリア」は、今回のコミケ91では惜しくも上位10作品に入りませんでした。

そのかわり、急上昇してきたのが「ヒロアカ」です。コミケ90では上位10作品はおろか、上位20作品にも入っていなかった「ヒロアカ」が、コミケ91では8位にランクイン。今年の春にアニメ化された影響でしょうか。

お次は女性向けサークルが100以上あった作品全てをまとめた結果へ。今回のコミケ91でのサークル数だけでなく、過去4回のコミケではどうだったかも合わせて表にし、サークル数の推移を見て行きます_(:3」∠)_

100サークル以上あった作品たち

comike91_01

まずはサークル数が200以上あった作品から。なんと200以上の作品をまとめたら=上位10作品になりました。今回のコミケ91では、200サークル以上あると上位10作品に入る模様です(あくまでも”女性向け”限定で数えた場合)

ダントツの「刀剣乱舞」は、ピーク時の1694に比べると減ってはいるものの、前回のコミケ90よりは微増。どの作品もピークを過ぎるとジンワリ数を減らす中、微増。減らなかった理由は今年の春先にスマホ版が提供され、新たなユーザーが増えたからでしょうか。

スポーツ勢の「ハイキュー」「黒バス」「弱ペダ」は、いずれも回を重ねるごとにサークル数減。中でも「弱ペダ」の減り具合が激しく見えます。ただし、「弱ペダ」はアニメ3期の放送が1月に控えているので、ここから増加する可能性大。

「タイバニ」「進撃」も同じくらいのペースで減少中です。しかし、こちらも方やハリウッド実写化、方や時期不明だけど2017年にアニメ2期放送決定済と、まだまだ先がある。今後また増えるかもしれないし、増えないとしても急激に減少は無さそうな予感。

一方、数を増やしたのが「おそ松さん」「あんスタ」「ヒロアカ」「ワートリ」です。「おそ松さん」は微増っちゃ微増だけど、放送開始から1年以上経っても増えているのだから、やはり強い。

「あんスタ」「ワートリ」は順調に増加中だけど、気にかかるのは先日発表された「ワートリ」連載休止のお知らせであります。先生、大丈夫でしょうか…。休養の重要さは身を持って味わっているので、ゆっくりじっくり心も身体も癒していただきたい…。

そして「ヒロアカ」。今回、急激に数を増やした「ヒロアカ」。上位10作品の時にも書きましたが、やはりアニメ化の影響が強いのか。アニメ2期も決まっていますし、今後もまだまだ強い…?

comike91_02

続いてはサークル数が100以上200未満だった作品まとめ。基本的にどの作品もじんわり数を減らしています。”急激に”ではなく”じんわり”。

そんな中、異色さを見せてくれたのが「アイナナ」「オルフェンズ」の2作品です。どちらもコミケ87~89までのサークル数はゼロ。どちらも去年スタートしたゲーム・アニメなため、コミケ89以前はサークルが存在しません。初登場はコミケ90。そして今回のコミケ91では数を増やしてきた。特に「アイナナ」の増加っぷりは大きく、この調子で増えると次のコミケ92では上位10作品に入り込む可能性も?

〆の「遊戯王」は回を重ねるごとに増えたり減ったり、先が全く読めない読みにくい_(:3」∠)_

惜しくもサークル数100未満

comike91_03

番外編、ギリギリ100未満だったのがこの3作品です。「ペルソナ」は今年最新作「5」が発売された影響からか微増。ゲーム発売前にサークル参加申込みが締め切られているにも関わらずの微増なので、次回コミケ92ではさらに増えるかもしれません。

以上、コミケ91の作品別・女性向けサークル数調査結果でした。ところで今回調査をしていてアレッと思ったことが一つ。それは…

ジャンルが細分化(?)されたコミケ91

comike91_janru01comike91_janru02

ジャンルコードの細分化です。

■”ギャルゲー”から「アイマス」「ラブライブ」が独立
■”ゲーム(恋愛)”から「あんスタ」が独立
■”FC(ジャンプその他)”から「ワートリ」が独立
※「銀魂」「テニプリ」は逆に”FC(ジャンプその他)”へ統合
■”FC(ジャンプ球技)”から「黒バス」「ハイキュー」が独立
■”アニメ(その他)”から「おそ松さん」が独立
■”FC(少年)”から「弱ペダ」「進撃」が独立
※”FC(ガンガン)”は”FC(少年)”に統合
■”FC(青年)”から「血界戦線」が独立

あちこち大きく変化していますが、特に少年マンガ系の独立が目立ちます。いずれもサークル数が多い作品ばかり。この細分化のおかげで、サークル数の調査がだいぶラクになりました。

今後もサークル数がそれなりに多い作品は、独立ジャンルへと変わっていくのでしょうか。例えば今回上位10作品に急上昇した「ヒロアカ」は、次のコミケ92で独立ジャンル化するのか。逆に今回は独立ジャンル化されたけど、次から統合される作品もあるのか。

今まではサークル数を調査することで、流行や人気の移り変わりをなんとなーく眺めていましたが、これからはジャンルコードからもそれが見えてきそうです。

ジャンルコードの見直し詳細については、公式サイトをご確認ください。

コミックマーケット91ジャンルコード一覧

さて、これでコミケ91のサークル数調査は終了ですが、12月に入ると企業ブースの詳細が徐々に明らかになります。個人的に戦々恐々しているのは、既に参加表明を出している「ニトロプラス」。「刀剣乱舞」の新作を企画してるらしい「ニトロプラス」。場合によってはまーた早朝参加せねばなりません。できればしたくない。自宅でぬっくぬくな年末年始を過ごしたいでござる!!!!!!!!!!!

結果はいかに…_(:3」∠)_

スポンサーリンク