大晦日だよ!2015年を振り返ってみようの回

大晦日だよ!2015年を振り返ってみようの回

デザイナー歴5年を超える人間が描いた蛇がコレである。

最近蛇の夢を見ました。しかも頭が二つある蛇。これは吉報なのか凶報なのか、どちらを表しているのでしょう。蛇はよく吉報だと聞きますが、頭が二つって良いの、悪いのどっちなの/(^o^)\

よくわからないので勝手に吉報だと信じて、今夜の年末ジャンボ発表を楽しみにしております。おいでませ10億。

それは置いといて、2015年も今日で終わり。大晦日を迎えました。ほとんどの企業は仕事納めに入り、新しいオタクニュースが舞い込むことも稀になった今こそ、今年一年を振り返る絶好の機会。

というわけで本日は2015年に自分がハマったこと、感じたことを季節ごとにザックリ分けて振り返る回です。

スポンサーリンク

大晦日だよ!2015年を振り返ってみよう

目次はコチラ。

「刀剣乱舞」が始まった2015冬
「血界戦線」におぼれた2015春
アニメ映画を観に行った2015夏
まさかの「おそ松さん」2015秋

今年も次々と新しい作品にハマったことがよく分かります。その分何かに飽きたのかっつーとそんな事はなく、今までハマってきた作品を背負いつつ、新たな作品が追加された。重い。でも楽しい。では早速一季ごとに振り返って参りましょう。

「刀剣乱舞」が始まった2015冬

「刀剣乱舞」が難しい、説明書を読まない人向けのこれさえ抑えれば何とかなる3項目

2015年冬、1月~3月にかけての大ニュースはなんと言っても1月にサービススタートした「刀剣乱舞」であります。これをなくして2015年は語れない…そう言っても過言ではないほどハマった、いや、現在進行形でハマっている作品です。振り返ると色々…本当に色々あったゲームでした。

サービス開始直後はサーバーが満員でプレイ出来ない方続出。アニメイトカフェの素早すぎるコラボ対応。恐怖!検非違使の実装。次から次へと出てくるグッズ。刀剣展示に足を運ぶ審神者が各地に出現→刀剣女子と呼ばれる。著作権問題。設定資料集を求めて夏コミに大行列。一方秋葉原でもコトブキヤの限定グッズにお隣駅まで届く長蛇の列。抽選入場のおかげか、割と平和そうに見えた「刀剣乱舞STORE」。ゲームショウにてスマホ版公開。まさかのミュージカル公演。舞台化も決定。大阪城地下、玉集めなどイベントが徐々に充実。新刀剣男士も続々。声優さん登壇イベントもチラホラ。

パッと思いつく限りでもこれくらい。とても濃密な1年間を体験させていただきました。

そんな「刀剣乱舞」も年が明ければ2年目に突入。1周年のお祝いに何か行われるのでしょうか?リアルでは「刀剣乱舞STORE2」がすぐにオープンし、京都でスタンプラリーイベントも開催。アニメイトカフェコラボの凱旋もそろそろ来る?春前にはスマホ版が実装予定。5月には舞台&ミュージカル公演。

こんな感じで2年目も最初からクライマックスと言わんばかりに、予定がてんこ盛りの「刀剣乱舞」。自分は引き続き急がず焦らずマイペースをモットーに、遊び・楽しんでいきたいと思います。いつか飽きる日が来るまで…。

はて、本当にそんな日は来るんだろうか。連載当初から応援し続けている「テニプリ」は、ハマり続けてかれこれ十数年目…。基本的に”飽きる”事がないため、だからこそ常に多ジャンルを掛け持ちするハメになってるわけで。「刀剣乱舞」もきっと一生背負う作品になるんだろうな…。

例えゲーム配信が終わろうとも、世間的にブームが終わろうとも脳内妄想は永遠です。それに「刀剣乱舞」のおかげで今まで興味の無かった刀剣を観る、博物館に足を運ぶ事も好きになってきましたし。人生に幅が増えたのは明らかである。

改めて今年ハマって良かった、出会えて良かった作品「刀剣乱舞」。コンゴトモ末永くヨロシク…。

刀剣乱舞‐オンラインゲーム‐DMM.com

「血界戦線」におぼれた2015春

kekkaisensen
春の衝撃的な出会いといえばコレです。「血界戦線」です。アニメ放送前から良作の予感はしていたものの、いざ放送が始まると予感以上の世界がそこには広がっていました。

圧倒的にキレイな映像。異界と現世が入り混じる不思議な舞台。濃いキャラクター達。豪華すぎる大御所声優さん達。おかげ様ですっかり虜になりました。いや、これも現在進行形で”なっています”が正しいか。

なんやかんやあって最終話の放送だけ随分遅くはなったものの、それも10月上旬には各地で放送されてアニメは終わったはずなのに進行形。それだけあの世界には離れられない、離れがたい面白さがあるのです。あとスティーブンさんが魅力的過ぎた。おのれダンディめ…。

自分にしては珍しく原作コミックを大人買いするわ、サントラCDに絵コンテ本も買うわ。脳内妄想は毎日続いてますし、一人勝手に忙しい日々を送っています。

円盤はさすがに高くて手は出せなかったものの、売れ行きは好調なようでアニメ2期or劇場版クルー?!と期待し始めて早数ヶ月。イベント開催のたびに発表来るか?今度こそ来るか!?期待してみるも、なかなか来ません。

まぁアニメ続編が無かったとしても、原作は続いています。脳内妄想だって無限の可能性を広げている真っ最中。引き続き一人勝手に楽しませていただこう…。

とまぁこんな感じで春は「血界戦線」メインでしたが、他にも「黒バス」3期がついに最終話を迎えたり、「うたプリレボ」もスゴイ最終話だったりと、いろいろ楽しい時期でした。春いいよ春。花粉さえなければ一番好きな季節です、春。スギなんとかしてください。マジで。

TVアニメ『血界戦線』公式サイト

アニメ映画を観に行った2015夏

夏。世間的には休みの多い夏。各地でイベントが開かれ、お出かけする方も多いはず…なんですが、自分は特にコレと言って出かけた記憶がありません。夏コミはもちろん、海にも山にも、当然海外とか旅行なんぞも行っていない。

「ハイキュー!!×スカイツリー」コラボが原画展としてようやく現実に!ただし6日間限定
haikyu.com

そんな自分が珍しく外出したこと。それが映画でした。言わずもがな、アニメ映画です。7月に「ハイキュー終わりと始まり」、8月に「劇場版進撃の巨人後編~自由の翼~4DX」。9月は「ハイキュー勝者と敗者」。

8月末に公開された「劇場版弱虫ペダル」はオタク予算が足りなくて断念したものの、月1本ペースでアニメ映画を観に行くのは珍しい。実は6月に「弱虫ペダル Re:ROAD」も観ているので、4ヶ月連続で観たことになります。とてもハイペース。

全てテレビアニメの総集編で、新作アニメではありません。しかし、一度見たことのあるシーンでも、劇場で観ると迫力が全然違う。スクリーンの巨大さ、音響の迫力。真っ暗な室内で見るとより一層集中できる…などなど、映画館でしか味わえない事がいっぱいあって、総集編とは思えない新鮮さをたくさん感じた4ヶ月でした。

まさかの「おそ松さん」2015秋

待望の「おそ松さん」フィギュアが発売される。トレーディングで発売される。BOX買いしよ…

始まる前まではデザインが変わってて面白そうだなー。声優どうした…豪華すぎでしょう…?そんなイメージだった「おそ松さん」。

いざ放送が始まってみると、それらに兄弟一人一人の強烈な個性が追加され、笑いあり、クズあり、鬼畜あり、でも時には涙…とまぁ、見てる側に全く休みを与えてくれない最高に酷いアニメでした(褒め言葉)。

昔の「おそ松くん」を正統に引き継いだ作品になっていたら、ここまで流行っていなかっただろうなぁ。今の時代、今のオタクにピッタリはまるよう、うまく作品転換した制作陣の方々は本当にすごい。案の定ハメられましたありがとうございます!!

アニメは引き続き2クール目が放送決定していますので、視聴確定。さらに年明け後は自分も晴れてクズニートの仲間入りを果たすので、コラボイベントにも足を運びつつ「おそ松さん」を最大限に楽しむのだ。これでいいのだ。

TVアニメ「おそ松さん」公式サイト

なお、2015秋アニメは「おそ松さん」以外にも個人的に豊作でして、自分にしては珍しく完走できたアニメが複数ありました。スゴイ。その辺は後日2015秋アニメ振り返り反省会をする…かもしれません。でもその前に2016冬アニメもそろそろまとめないと放送が始まってしまう…。

一緒に笑って、泣いて…見たことの無い景色を彼らと一緒に見る映画「ハイスピ」

テレビアニメだけでなく劇場では「ハイスピ」を観に行って、胸がキュンとしたりギュッとしたり、少女マンガのヒロインかってくらい感情が高ぶり続けた幸せな時間を堪能。ほんと良くできた映画です。

アニメで散々青春を見させてもらったつもりでしたが、いやいやまだあった。ピュアすぎる青春が劇場にはあった。マジ天使がそこにはいた…。最高の思い出を、青春をありがとう「ハイスピ」。

「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」公式サイト

良いお年を

以上、2015年を振り返ってみようの回でした。今年はオタク関連だけでなく仕事でも様々ありまして、改めて年明けからはクズニートです。滅多にない機会ですからしっかり休み、遊ぶとしよう。そして金が尽きる前に転職だ。

いい会社見つかるかなー…。お給料はアップするかなー…。ぶっちゃけ苦しくても会社に残ってたほうが良かったんじゃ…?いろいろ不安もありますが、そんな時こそオタクを楽しんで、そしてオタクで有り続けるために前を向き続けるのだ。

それでは良いお年を。そして来年も良いオタクライフを_(:3 」∠ )_

スポンサーリンク