作品が好きで2.5次元を観始める→素晴らしい&2.5次元キャラ最高か→俳優さん自身もかっこいい&素敵→俳優さんを追いかけ始める←今ココ

休憩無しの「刀ステ」ライビュ3時間。お腹痛くなるし(笑いで)、目頭熱くなるし、みなさんお1人お1人素晴らしい演技で惹き込まれるわ、スクリーン越しなのに迫力が驚くほどビシバシ伝わってくるわ、これ生で観たら失神するんじゃないかくらいの勢いで、あっという間の最高な3時間でした。

帰り道では気を抜くとニヤニヤしてしまう顔を隠すのに必死で、さぞ不審者だったでしょう。22時30分という夜中に近い時間帯にニヤニヤする不審者。警察に捕まらなくて本当に良かった。

そして、一晩たった今でも色んなシーンが脳内に蘇っては笑いがこみ上げてきたり、ブワッときたり、カッコイイ。みなさんホントマジカッコイイ。マジ刀剣男士。

…で終われたら良かったというか、財布がこれ以上ダメージを負わずに済むのですが、マジ刀剣男士…だけでは終わらないのが2.5次元の恐ろしい所であります。

「刀ステ」だけに限らず、この春観てきた舞台「黒バス」、演劇「ハイキュー」でもそうです。いつの間にかキャラを演じた俳優さんを目で追い始め、今後の出演作品を調べだすのです…。

作品が好きで舞台を観る→最高か→2.5次元のキャラかっこいい→俳優さん自身もかっこいい&ステキな方であると知る→俳優さんを追いかけ始める

こんな連鎖が発生するわけですね。これはあくまでも自分に限った話かもしれませんが。

今後の出演作品だけでなく、もちろん過去作品も調べたりなんかしてしまって、当然過去作品なら円盤が出ているわけで、もし自分に今、使っていい金がそこそこあったらポチポチポチポチしてしまったことでしょう。危ない危ない。無くて良かったお金。

うそです。欲しいですお金。軽率にポチポチポチポチしたい。続編、新作、俳優さんを追いかける資金マジ欲しい。用意しなきゃ…。

こうしてこの春から2.5次元デビューをした、ライビュを3回観てきた自分は、観るたびにズブズブと2.5次元ハマり、続編・新作チェックはもちろんのこと、出演俳優さんの今まで&これからの出演作まで調べては2.5次元だけに留まらず、通常の舞台にも興味を持ち始め…

こんな調子でどんどん興味の対象を広げて、自らの首を絞めております。やだもうほんとお金足りない。

まとめますと、うっかり2.5次元に足を踏み入れたが最後、一つの作品に留まらず、どんどん風呂敷を広げていってしまう可能性が大いにありえる2.5次元。扉を開く際は、十二分にお気をつけ下さい。金銭的な意味で。

逆に金銭面以外は幸せしか待っていません。観たときのあの迫力。言葉にならない感動。キャラの再現力。かっこよさ。俳優さんのステキさ。最高な世界が待っています。おいでよ2.5次元の森…_(:3」∠)_

スポンサーリンク