2.5次元沼へマッハで沈んだ母上の話

初めて2.5次元刀剣男士をパンフで見せた時は「うーん…やっぱ2次元の方がいいかな!」などと言っていた母上ですが、「刀ステ」ブルーレイ鑑賞会を行ったところ、速攻で沼にどっぷり浸かり出しました。

これがちょっと足を踏み入れるとかそんな程度ではない。底を目指してグングン堕ちていきます。ちょっと目を離すと「もうそこまで!?」ってなくらい堕ちています。底のない沼を。現在進行形で。

いったいどんな状況なのか。まず最初にブルーレイで本編を観て堕ちる。動いてるところを観たら惹き込まれた模様。なんでも殺陣がイイとか。分かる。それな。

こうして円盤でハマった後に改めてパンフを見ると、「やっぱイイ。2.5次元イイ」と言い出し深みにハマる。

次に特典の稽古の様子などを見て、俳優さんのステキさを知る→俳優さんにも堕ち始める。

「今までこんな役もされてたんだよ」と買い漁った雑誌を見せたり、本人がTwitterをやってることを教える→めっちゃ熟読したり、独自に検索して調べだす。

こんな感じでグングン人が沼に沈んでいく様をリアルに見ていたここ最近。昨日はついに「ファンクラブに入りたいけどさすがにそれは…」的なことを言い出して、分かる。それな(そこまでハマってなるものか…と無駄な抵抗をする娘より)

「でも写真集は欲しいかも…」それも分かるんだけど、やっぱり無駄な抵抗をしている娘です。しかし、そろそろ買いそうです。

そして金欠ゆえに買い逃していたとある雑誌を目ざとく発見してきて、「この雑誌買ってないの?」と聞かれる。

よく気づいたね!!!金欠だったんだよと伝えたら「今から買えないの?もう売ってない?お金だすよ!!」などと言い出したので、そういえば金欠は脱出したしいい加減買うか、と覚悟を決めてamazonさんポチーッ(元々買う予定だったし自腹です)

他にも過去の出演作品の告知動画的なものを通勤中にスマホで見るも「通信量が怖くて途中でやめた…」とか悲しそうに言い出したり(自宅のWi–Fi環境で存分に見るようすすめた)

「2.5次元円盤をTSUTAYAでレンタルできないかチェックしたら無かった…」とかも言い出す。円盤は買って貢いで、次回作につなげるんだ…!でも1つ1万円するからなかなか手が出せないんだよね…。母娘ともども「分かる。それな。」状態に。

昔からハマるのが怖いから…と言って何かに深く入り込むことのなかった母ですが、現状を見てなんとなく納得しました。

学生時代は職員室のテレビで「ガッチャマン」を見たり、「ヤマト」にハマってたり、同級生にマンガ家がいたり、同人も知っていたり…とオタクの大先輩だった母。

しかし、大人になってからは仕事~子育て~シングルマザーで大忙しになり、今はチーフという立場上やっぱり大忙しゆえ、たまにマンガを読む程度に収まっていた母。

それでも我ら子ども(自分と弟)は手が離れたし、弟は無事結婚したし。仕事は相変わらず忙しそうだけど、それでもそろそろいい加減楽しんでいいんじゃないかと。

ストレス発散としても、もちろん純粋に楽しむためにも、思う存分好きにハマって欲しいなと思います。私も稼ぎが増えたことだし、雑誌ならまかせろ。円盤もたまにならまかせろ。ファンクラブは各々の判断に委ねる。

spoon.2Di Actors vol.4 表紙巻頭特集 舞台『刀剣乱舞』鈴木拡樹、東 啓介×染谷俊之/Wカバー 舞台「戦国無双」植田圭輔×秋元龍太朗×和田雅成 (カドカワムック 640)

ちなみに買い逃していた雑誌はコチラでして、どなたにハマったかは一目瞭然であります。ゲームでは鶴丸激推しでしたが、動く三日月さんもそうだけど、舞台裏や雑誌で見れるご本人の魅力にも堕ちた模様。さすが親子です。血は争えなかった(この方目当てで雑誌を買い漁る娘より)

もちろん2.5次元の鶴丸さんもカッコよくて好きらしい。とくに光忠とセットで好きらしい。長谷部を見ると笑ってしまうらしい。全部軍議のせいだ。一兄のロイヤルっぷりもたまらんらしい。

一方まだ見ぬ「刀ミュ」も雑誌で見せたところ、こちらの三日月さんにも頷いており、同士よ…(この方目当てで雑誌を買い漁る娘より)月末に円盤が届いたら鑑賞会をしようと思います。

本日はお休みらしく、「刀ステ」円盤を観返すそうです。存分に楽しんでください。あと今度チケットとる時は声をかけてみよう。当選するかは知らんがな!!!_(:3」∠)_

スポンサーリンク